FC2ブログ

ARTICLE PAGE

1月2日に日本に落ちた火の玉(火球)

1月2日の火の玉(火球)が関東から四国方面で目撃されたニュースについてのPK-PN情報を、遅ればせながら書こうと思ったら・・・、ニュースが見当たりません。NHKで放送されていたのに、どうやら消されてしまったようですね・・・(めちゃくちゃ怪しい)


どうにかツイッターの動画は残っているようなので、削除されてしまう前にぜひご覧になって下さいね。

https://twitter.com/nhk_news/status/1080609414237835265



ツイッターの動画が消される前に、スクリーンショットも撮りました!

火球2
火球

2018年12月27日に、私の住むニューヨークのクイーンズ区の電力発電会社が爆発だとかで、夜空が10分間ほど真っ青に染まった事件から数日後に、日本で火球が落ちたので、なんだか非日常な怪しい空のニュースが続くなぁと思っていました。

20181227.jpg

動画はこちらからどうぞ⇓


PK-PNいわく、12月27日のニューヨーク上空の青い光は事故だったけど、でもこれはただの予兆で、近い内にもっとすごいことが起こるとのこと。


話は、1月2日の日本に落ちた火球に戻りますが、


3日未明に西日本を中心とする各地で目撃された「火球」が、剣山(標高1955メートル)周辺に落下した可能性が高いことが5日、分かった。全国のアマチュア天文愛好家でつくる「日本流星研究会」(長野県安曇野市)が、目撃情報や撮影画像から位置を推定した。(徳島新聞)


というニュースを見てPK-PNに、火球が徳島県の剣山に落ちたとしたらスピリチュアル系の方々が騒ぎそうですね・・・と話していたんですが、このニュースも今見たら消されています(怪しすぎ~!!!)


ともかく、メジャーなニュースで放映しておきながら、なぜか削除されてしまっている1月2日の火球は、


「落ちてきたというよりは降りてきた。自分たち(PK-PN)には関係ないけどね~」とのこと。


「地球外に住んでいるエネルギー体も宇宙人と呼ぶならば・・・ですが、宇宙人が降りてきたんだそうです。この宇宙人は神でもなければ、悪いエネルギーでもありません。その場所には、人間の目には見えず、観測できない、宇宙人の家族がいるから降りてきているだけだそうです」

と、ノンモさん。


それは・・・いわゆる里帰りみたいな感じなんでしょうか?と聞いたら、


「人間にとっての”家族”みたいな感覚ではないそうです。宇宙人の家族は人間よりもはるか昔からそこにいて、1月2日の宇宙人は会いに来たというよりも、一緒に住みに来たといった感じだそうです」と、ノンモさん。


「そして彼らには彼らの生活があるの!」と、PK-PN。


最近、人間以外にもそういう存在が地球上にはいっぱいいるんだよ~、と、PK-PNがやたらとノンモンさんに話しているそうです。


それにしても、12月27日のニューヨークの夜空が青く染まったのは、ただの「爆破事故」であるとニュースは伝えただけで、翌日の事故現場も撮影されていないと思いますし、ともかくなんでも騒ぎたがり、検証したがるニューヨーカーたちが、何事もなかったかのように静まり返っているのが不思議というか、不気味です。確かにPK-PNの言う通り「事故」だったと思いますが、一体何の「事故」だったのか・・・が気になっています。

↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト