FC2ブログ

ARTICLE PAGE

2063年から、どの人種にも属さない子供たちが各国で生まれはじめる

2063年から、どの人種にも属さない子供たちが各国で生まれはじめます。


赤ん坊


この子供たちは新人類で、神の計画でもなければ、アヌンナキ系の計画でもないとのこと。


例えば、その子供の両親が白人であるのに、白人でも無ければ、黒人でも、アジア人でも、ラテン系でも無い、見た目にもどの人種か検討がつかない子供が、あらゆる人種から世界中に生まれはじめます。けれど、2063年から生まれだす全ての子供たちが、この新人類ではありません。


定期的ではありませんが、人間はある環境下や状況下になると、それにあわせて進化します。その環境や状況は、新人類が生まれだす2063年に至るのではなく、現在すでにその環境下に入っていて、進化ははじまっています。


「このままテクノロジーが進むと、人間は働かなくなると思うんです。全てがコンピューター化して、ロボットが人間の代わりに仕事をするので、人間は動かなくなり、身体能力が衰え、脳ばかりが発達するようになるでしょう。2063年からは、それに応じた子供が生まれはじめるんです。IQがとても高いけれど、神とコンタクトは全くとれなくなるでしょうね。まぁでも、この頃には宗教がなくなっていると思いますよ」と、ノンモさん。


「これは日本人のことじゃないけど、新人類が生まれる時代になっても、文明から完全に隔離している、秘境やジャングルの奥深くに暮らす人種などが唯一、神とコンタクトとれるかも。でもね、彼らとコンタクトを取ってもね・・・なかなかね・・・」
と、ポコプン。


2063年から誕生する新人類は、良い人間となるのか、はたまた悪くなるのか、どうなるのかは神にも分からないそうです。

↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト