FC2ブログ

ARTICLE PAGE

2019年のポコプン予報

12月にゲストとしてお招きいただいた、インターネットラジオFM135「ジュリオタの~cafe∞infinity8〜」の4回分の再放送が決定しました 日本時間の1月8日(火) 午後14時から、14時30分、15時、15時30分と、4回分が一気に放送されます。お時間の合う方は、ぜひお聞きください。(ニューヨーク時間は午前0時~午前2時放送です

放送はFM135のホームページから、お聞き頂けます。(こちらをクリック⇒☆)


        


インターネットラジオFM135「ジュリオタの~cafe∞infinity8〜」の放送内でもお話させて頂いて、トリニティにも掲載された、2019年のポコプン予報に加えて、軽く衝撃的だったので今まで伏せていた一部新情報も含んでいますが、


2019年は、良くも悪くも変化していく、2020年以降のための大詰めの準備期間のような一年になります。2019年は、政治的にも経済的にも世界中で色んなことが起こるでしょう。また、引き続き大きな自然災害も増えていきます。


2019年から、世界の政治や経済のトップが悪の道に進んでいき、世界が終末に近づいているといった流れが顕著にあらわれてくるのですが、その流れは日本に住んでいる方には感じられにくいでしょう。なぜなら世界中で日本が一番、世界情勢に疎いからです。


「日本や日本人は、そう作られてるので良いと言っていたことと、世界の終末の流れを感じ取れないというケースはまた違うんです。昨年Brett Kavanaugh(ブレット・カバノー)がアメリカの連邦最高裁判所の裁判官に当選したことは、世界でも大きなニュースとして取り上げられているのに、日本人のほとんどは深刻にとらえていませんよね。」と、ノンモさんが言うように、


昨年Brett Kavanaugh(ブレット・カバノー)がアメリカの連邦最高裁判所の裁判官に当選したことから、世界の終末へのカウントダウンがはじまったとのことですが、(⇒記事『世界の終末へのカウントダウンがはじまりました』をご参照ください)


けれど、そうならないために、ポコプンたちはオセロゲームの盤が黒い石で埋め尽くされた中のたった一つの白い石を用意していて、時が来れば、そのたった一つの白い石によって、盤上の全ての黒が白へと転換されるって言っていましたよね?(⇒過去ブログ記事『癒守の地球物語2 「イエスの苦悩」』をご参照ください)


「ポコプンたちが用意しているオセロの白とは、3次元が終焉した後、光の地球に生まれ変わり、そこで平和な世界を作るための目覚めのことです。また3次元で核戦争が起こっても、地球上の全てが焼けることはありません。人間のいないジャングルなどは標的にされないでしょうし、先進国でも核戦争の影響を受けない国もあります。日本はその数少ない国のひとつになるでしょう。日本の首相がアメリカに上手くへいこらしているので、目をつけられないのかもしれないですよ」と、ノンモさん。


敬虔なイスラム教徒のエジプトの日本語ガイドさんは、世界の終末が来て死んだら素晴らしい世界が待っているから、死ぬのは本望だと言っていますよ。


「それが光の地球のことなんですよ。八多さんも自分も、死んだらその後どうなるのか知っているので、死ぬのは怖いと思ってませんよね?」


核の影響を受けずに済んだ日本には、正しいものを正しく見ることができるウル人間が集ってきます。そして彼らが人類の生き残りになります。核で汚れた世界が清浄に癒えるまでには何百年とかかりますが、その日まで彼らは日本にそれぞれの自治区を作って生活します。そして、世界が癒えた時、彼らはまた世界に散らばってゆくのです。


↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト