FC2ブログ

ARTICLE PAGE

日本は本当の神たち(ヤタガラス)と手を組んで、極秘に日本という国を守るための何かを3次元的に開発している

「日本にあきれている部分があるだろうけど、実は日本はバカじゃなくて、わざと第一線から退いて、わざと世界と張り合わずにいるんだよ」と、PK-PNが言うには、


日本は本当の神たち(ヤタガラス)と手を組んで、極秘に日本という国を守るための何かを3次元的に開発しているとのこと。


その開発しているものを公開すれば、アメリカに引き渡すように言われるだろうし、世界に盗まれるので秘密裡に行っているそうで、現在、その開発に大手をかけている状態なので、第一線にいることや、世界と張り合うことなんてどうでも良いと思ってるそうです。


ロボットが人間のように考えて働くように開発がすすめられていますが、その主な目的は戦争です。ロボットが人間の代わりに戦争をする世は遅かれ早かれやってきます。


crowd-of-robots-4ANGUFW.jpg


日本人はさらにその先を見越した開発を極秘にすすめています。


「神がその開発に協力しているので、PK-PNはそれが何であるかは知ってるけど教えられないって言っています。それは、とても明るいエネルギーのもので、嫌なエネルギーは感じません。それはロボットなのか、ロボットの思考をコントロールできる何かなのか分からないですが、世界の超最先端技術をいっているそうです」と、ノンモさん。


日本人の脳のつくりは、世界のどの人種の脳とも比較にならないほどレベルが違うそうで、その特殊な脳の働きを使わないとできないものを日本人は開発中で、発表される日がきたら世界をあっと驚かせるから、今、日本にあきれている日本人は、その時『日本人でよかった~!』って思うよとのこと。


「だからそれまであきれてろ。わざとあきれさせているから」と、ターワ。


「日本の政治を見ると、そんな風に感じられないだろうけど、日本って裏ではちゃんと日本人のことを思っている。その開発で世界の国も守られるのであれば、それはそれで良いと思っているけれど、日本という国を守ることが一番の目的で、世界をアッと言わせることでも、第一線に返り咲くことでもない。だからそれまで、自国民にバカにされようがあきれられようが、かまわないと思っている」と、PK-PN。


「今回のコロナウイルス・ワクチンも、DNA操作や次元のアップデートなどの裏の計画などがなく、ただコロナウイルスを予防するワクチンだったら、日本はすでに余裕で開発していたでしょうね。そういった世界の悪意のあるものから、わざと日本は手を引いているのは、世界のもっともっと先を見越しているからです。極秘で何かを行うには、仲間もだます必要があるので、バカなふりをして日本国民すらもあきれさせているんです」と、ノンモさんが言うには、


日本が「能ある鷹は爪を隠す」なのだそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。
心と身体を癒して超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スポンサーサイト