FC2ブログ

ARTICLE PAGE

私たちの暮らす3次元は、地獄の16番目の層にあたります

今回お知らせする情報は完全に新情報なので、過去の情報とはつなげないでご一読くださいとのことです。神から見た「世界」は、私たちの理解を超えるほど様々な層や数で存在するのですが、その神から見た「世界」の中の一つの情報になります。



「人間の言葉にすると重く暗いイメージを持たれてしまうだろうけれど、この3次元は『地獄』の世界だといえる」と、ターワ。


ターワはみなさんに理解していただきやすいように「天国」「地獄」という言葉を使っているのですが、この2つの世界の違いは、明るさの違いのようなものだといえるとのこと。


下の図のように、地獄(暗い世界)には1番目から17番目までの層があって、天国(明るい世界)にも1番目から17番目までの層があり、地獄と天国が出合う中間地点は「魂が本当に生きる(生まれ変わる)世界」になります。ちなみに中間地点は、死後の世界のあの世のことではないそうです。

天国と地獄と中間層 更新


暗い世界の1番目の層は真っ暗で辛く苦しく悲しい経験ばかりの地獄のような世界で、17の層に近づけば近づくほど、その苦しさの経験は減っていきます。


私たちの暮らす3次元は暗い世界の16番目の層にあたります。なので人生に辛い経験がともなっているとのこと。けれど暗い世界の1番目の層の苦しみに比べれば、私たちの辛さはとても軽いものになります。


ここでもう少しだけ踏ん張って努力すれば、死後に17番目の層へ向かうことができます。そして17番目の層で努力を重ねれば、中間地点の「魂が本当に生きる(生まれ変わる)世界」に向かうことができますが、頑張りが足りないと15番目の層に落ちたり、同じ16番目の層に長くとどまることになるそうです。


私たちの前世の記憶って、16番目の層で起こったことだけになるそうで、17番目の層に行ったら前世の記憶はリセットされてしまいます。たとえば八多はこの人生で72回目の輪廻転生になるとPK-PNに教えてもらったのですが、17番目の層に行くことができずに72回も転生しなおしながら16番目の層で過ごしているともいえます。


1回の人生が80年だとすれば、私は5,760年もの気の遠くなるほどの長い間16番目の層に滞在していることになりますが、時間が存在するのは16番目の層だけだそうで、だから異様に長く滞在しているように感じるだろうけど、時間のない世界では一瞬のできごとなのだそうです。


地獄と天国のそれぞれの17層の中でも、私たちの暮らしている地獄の16番目の層と一つ下の15番目の層に一番人口が多いそうです。というのも、14番目と15番目の層から向上した人が増えていて、17番目の層から落ちてくる人もいるからこの2つの層に人が密集するとのこと。他の層や中間地点の層はほど良い人口密度で、地獄の1番目の層には、そんなに人はいないそうです。


私たちの住む地獄の16番目の層でも、幸せを感じている人もいるけれど、中間地点ではこんな程度ではない大きな幸せを感じるそうで、天国の層の17番目に入れば、これまで私たちが経験したことのない幸福感を感じるそうです。


この天国と地獄の層は、自分の感情や魂で行き来できるものではないし、16番目の層から17番目の層に向かうタイミングなどには神も関与していないとのこと。


「ただ、そういう風になっている世界」だとターワは言います。


それぞれ層にそれぞれの神が在るそうですが、「中間地点の層の神がPK-PNなのかもしれないです。だからみんなを中間地点の層へ引き上げようとしているのかも・・・」と、ノンモさんは感じるそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。
心と身体を癒して超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スポンサーサイト