FC2ブログ

ARTICLE PAGE

この世から人種差別がなくなり、人類が一つになりバランスをとりはじめると、勝手に人口は減っていく

記事『世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば』では、


現在約77億の世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば、


神が動植物と地球を救うため、生態系と共存できる5億人を選び、それ以外の約72億人を滅亡させたなら、それをあなたたちは悪と呼ぶのか?



と、ターワが問いかけていましたが、


意図的にわざわざ人口を減らそうとか、神が手を下さなくても、本当の意味でこの世から人種差別がなくなり、人類が一つになりバランスをとりはじめると、良い意味で勝手に人口は減っていくそうで、


地球上で人口が増え続けている場所と極端に減っている場所があるのは、バランスがとれていないから。


人種間の差別でお互いを受け入れていないから。一つになりきれていないから。


自然な人口減少は、多くの人が死ぬような何かが起こるという意味ではなくて、死亡率も出生率も良いバランスになる。人口のバランスのとれた世界では人口過密が少なく暮らしやすい環境になり、経済的にも良くなる。人との良い距離感も生まれるから、ストレスが減る。


地球語をおぼえるために、動物界、植物界、鉱物界の3界と仲良くなるのも重要だけど、自分の中にある人種差別をなくすことが、地球語よりも先。


girl-holding-paper-homemade-garland-of-people-of-d-NMGDMCJ.jpg


自分には差別心は無いと言い切っている者の中にも差別心は潜んでいる。特に日本人がひどい。


アジアでの日本人至上主義もなくさなければいけない。これは白人至上主義と同じ。


日本人なら、まず近隣国の中国人や韓国人やアジア諸国の人たちに対する差別をなくすこと。アジア系のコンビニの店員さんと仲良く接していますとか、知り合いの韓国人や中国人と仲が良いから自分には差別心がないとは言えない。


肌色や国籍ではなく、話し方や接し方で判断する視覚障害者のように人を判断できるようになること。


全ではなく個を見ること。好き嫌いと差別は違うもの。個人としてその人が嫌いであるのは構わないけれど、その人の属する人種や国民すべてを嫌いになるのは間違っている。


人種差別をなくすことが何よりも先。地球語の習得と同時でもいいから差別心は失くしていくようにして。



「これはターワのメッセージです」とノンモさんが言うので、


口調が優しいからポコプンからのメッセージだと思っていましたと驚くと


「もっと厳しい内容なんですけど、自分の中にその(乱暴な)ボキャブラリーがないので・・・。だってPK-PNが『地球語・・・』とちょっと話しはじめたら、


『その前にやることがあんだろうが!お互いに嫌いあっている人間にバランスなんてとれるわけないだろうが!』とターワが言いだして、先のメッセージを伝えられたんです」と、ノンモさん。


人類間で差別をなくすほうが、地球語を会得するよりもハードルが高いそうで、


差別心がない人は、動物界、植物界、鉱物界の3界との会話がすぐにできるようになるそうです。


田舎や山奥に住んでる人で、人種差別をしないと言ってる人は問題外。というのも、他人種に接する機会が少ないか皆無だからで、


「(そういうヤツは)きれいごとを言うだろうけど、きれいごとは聞かねえからな!」とも、ターワが吠えていました。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト