FC2ブログ

ARTICLE PAGE

世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば

前回の記事『ジョージア・ガイドストーン(大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する)』の続きです。


現在約77億の世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば、


神が動植物と地球を救うため、生態系と共存できる5億人を選び、それ以外の約72億人を滅亡させたなら、それをあなたたちは悪と呼ぶのか?


それとも人類削減をせずに、人類も含む地球上の生きとし生けるものすべてが滅亡する近い将来まで、ただ見守っていくことが光だと思うのか?


人類を5億人以下に削減する定めとして、苦しんで死んでいく72億人をただ神が眺めていれば、人は神を「悪魔」と呼ぶだろう。


一体どうしたいのか?


自分が死ぬまで幸せであれば、その後はどうでも良いのか?


それとも、動植物と地球が救われるのなら、自分の命は生き残る5億人の中に入らなくても良いと思うのか。


神にどうしてもらいたいんだ?


地球がどんどん病んでいっているというのに、動植物がどんどん滅亡していっているというのに、人間のためだけに楽園を作れというのは無理だからな。


すべて神任せで、文句ばかりを言う。


一体どういった状況なら文句がないのかを考えてみること。



いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト