FC2ブログ

ARTICLE PAGE

冬至にゲートが閉じるのは去年までの闇の世界が引き続いた場合の情報であって、11月にすべてがリセットされたので古いんだよ!

天の岩戸は11月22日に無事に閉じられ、光の地球に行くことが決定したのですが、

(記事『天の岩戸は11月22日に無事に閉じられ、光の地球に行くことが決定しました』をご参照ください)


スピリチュアル界の著名人が、2021年の冬至すなわち12月21日をもって完全にゲートが閉じると言っているそうですが、冬至にもなにかありますか?


「新しくなったんだから、古いこと言ってんな!」


「・・・って、厳しい神さまがしゃしゃり出てきて言ってます」と、ノンモさんが言うには、


「11月の米大統領選でのバイデンの勝利は1つのシンボルであって、闇から光に変わった瞬間ではある。冬至にゲートが閉じるなどというのは去年までの闇の世界が引き続いた場合の情報であって、バイデンの勝利ですべてがリセットされたので古いんだよ!」


「・・・と、言いたいのではないでしょうか」とのこと。


「古墳の中の卵も危うく死ぬところだった」と、PK-PN。

(→記事『ミッション後、古墳の中の卵は安全に護られていて復活をする段階に入っている』をご参照ください)


「みなさんにすれば、しょせん政治の話だとか思ってるかもしれないけど、とんでもない。11月の米大統領選挙は今後の光と闇の世界の比喩であって、トランプが勝てば、トランプを操り人形にしている闇の組織がさらに力を持ち、天の岩戸開きは失敗し、古墳の中の神の卵は死に、龍も絶滅するレベルだった」と、PK-PN。


なにはともあれそれは免れたのですが、天の岩戸が11月22日に無事に閉じられたこと、イコール「時代の変換」、つまり、新しいISの時代がはじまるのですが、ここから約1年間は混乱が起こるとのこと。


「すべてにおいて変換の時には、それが収まるまで、ものすごいエネルギーの混乱が必ず起こるそうです。世界が光に変わったら、その瞬間からすぐに光になるのではなくて、ゆっくりと交わっていき光と闇に分かれます。その間は精神的なダメージも受けやすくなります」と、ノンモさん。


ちなみに、2021年御守り壁掛けカレンダーを4冊以上(1万円以上)ご購入下さった方へプレゼントを差し上げている”神の黄金比率”御守り画像は、その混乱から護ってくれるとのことです。


「日本のスピリチュアル界でトランプを救世主だと信じている多くの人は、バイデンの世界を恐れているかもしれないけど、来年1月にバイデンが就任して少し落ち着いたら、Qアノンが消えて、トランプの名も忘れ去られ、多くの人が手のひらを返したようにバイデンを支持するようになるだろうね」
と、PK-PN。


「トランプを救世主であるかのように言っている人で、間違った情報をうのみにして、トランプがこの世を良い世界にしてくれると純粋に信じている、闇の心のない人はこちらの世界に残って地獄を味わって真実に気づく。間違った情報だと分かっていながら、闇の情報を出していた人(人種差別者など)は別の世界に行くので見えなくなる」ともPK-PNは言います。


厳しい神さまがトランプ支持しているスピリチュアル系の人たちのことを、超でっかい文字で「だっせー」って言ってるそうで、あまりにも何度も言われるので、ブログに書かせていただきました。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト