FC2ブログ

ARTICLE PAGE

9月の癒守の地球の歩き方エジプトツアーの『ポコプン・ミッション』報告

今年3月にエジプトから帰ったばかりの時に、

お世話になっている旅行会社のTさんと、来年3月のエジプト旅行の視察の話が出ているんですが、ポコプンとしては、いつがおすすめですか?と聞いたら、


「ポコプンが9月!9月!9月!ってうるさいです」と、ノンモさん。


やっぱり9月なんですね~!3月のエジプト旅行から帰った直後の癒守結セッション中に、『あれ?暑い時に私はまたエジプトに行くらしい・・・9月?』ってビジョンが見えたんです。9月ってことは、やっぱり23日の秋分なんでしょうか?


「八多さんが話している間、ずっと20日、20日!20日!って、ポコプンがうるさかったです(笑) ポコプンは20日にエジプトから出ているエネルギーを浴びてもらいたいそうですよ」


とノンモさんが言うには、エネルギーは毎分毎秒動いているのだけど、それが9月20日と来年3月20日には固まるイメージなんだそうです。これは20年に一度にしかない特別なエネルギーで、エジプトからしか出ないとのこと。そして、来年3月20日以降には、もうこのエネルギーは浴びれないそうなんです。


そして、9月20日にエジプトに行ったら、


「トトメスの塔(NYのオベリスクのこと)にシリウスのエネルギーが降りる日に、そのエネルギーを黒くて丸い石に封じ込め、カルナック神殿と、ルクソール神殿の正面のオベリスクに、その丸い石で触れて受精しなさい


(NYのオベリスクのシリウスエネルギーについては、過去ブログ記事『NYのオベリスクに今年と来年の合計3回、 シリウスのエネルギーが降ろされます』をご参照ください)

⇓⇓⇓ これがその、トトメスの塔(NYのオベリスクのこと)に降りた、シリウスのエネルギーを封じ込めた黒くて丸い石です

丸い石


「それから、カルナック神殿の兵士たちの見守る中央に立ち、空からのエネルギーを全身いっぱいに受け、体中をエネルギーで満たし、彼ら(兵士たち)一体一体に触れて、そろそろ目覚めの時が来るので準備するようにと伝えて」


と、ポコプンからお願いされましたが、まずは、受精って・・・?


「意味がさっぱり分からないんですが、”受精させて産ませる”んだそうです」と、ノンモさん。


そしてカルナック神殿の兵士たちとは、カルナック神殿内にあるラムセス3世神殿にずらりと並ぶ、ラムセス3世像であると判明したのですが、

Karnak_Ramses_III_temple_court.jpg
カルナック神殿内にある、ラムセス3世神殿

「一般的には、ラムセス3世像と言われていますが、それは全部兵士なんです。八多さんが像に一つ一つ手でタッチする際に、『地球そろそろやばいので起きて!一緒に闘って!手伝って!』といった、気持ちや感覚で目覚めるよう伝えてください。石(兵士の像)には込められた魂が眠っていて、兵士たちは起こされるのを待っています。それから、兵士の像の数を数えておいてください。あ、空からのエネルギーを受ける時は、少し空を見上げる程度でいいですからね。10分以上手を広げたりなんかしなくて大丈夫ですから(笑)」


「20日に八多さんに、兵士たちを起こしてもらいますが、23日の秋分の日に兵士たちは目覚めます。兵士たちが目覚めることで、地球の正義があらゆるところで目覚め始めます。悪を退治するような出来事も出てくるそうですよ。」


「そして9月23日の秋分には、ノンモの手づくりの小瓶のネックレスに、秋分の日のエネルギーを入れてください。ただネックレスを、ホルス神殿とイシス神殿に持って行くだけでエネルギーは入ります」

ノンモさん手作りネックレス2

(こちらのネックレスは、フェイスブック『癒守の地球の歩き方』グループで販売させて頂き、あっという間に完売となりました)


「そして、9月23日の秋分のイシス神殿では

『あるメッセージが電気によって入り込むので、持って帰ってきてね。開けるとメッセージが出てくる。それを閉じ込めてきて』

と、意味不明なことをポコプンではない存在が言ってます。

小瓶にイシス神殿の砂を半分ほど入れて、その場のエネルギーを入れて蓋を閉じるだけで良いそうです。これを行うのは、秋分の日じゃなきゃダメで、今年の秋分の日じゃないと重要なメッセージが受け取れないそうです。そして持って帰ったら自分と一緒の時に開封すると、今後の八多さんのエジプトに関するメッセージが届くそうです。

でも今回は、天のミッションじゃなくて、ポコプンたち神のミッションですから、失敗しても大丈夫ですからね~!」


とノンモさんに言われましたが、イシス神殿のメッセージの内容に興味津々なので、失敗したくない~!


と、いうわけで、9月のエジプトでポコ・ミッションを遂行してきましたよ~!
兵士たちの目覚め
9月20日、カルナック神殿内にあるラムセス3世神殿で、兵士たちにタッチ

オベリスクの受精
9月20日、トトメスの塔(NYのオベリスクのこと)に降りた、シリウスのエネルギーが込められた黒くて丸い石を、カルナック神殿とルクソール神殿のオベリスクにタッチして受精完了

イシス神殿の砂の入った小瓶
9月23日秋分の日、イシス神殿の砂とエネルギーを小瓶に詰めました。それから、みんなで夕刻のイシス神殿の聖なる石に手で触れて、エネルギーチャージもしました

(夕刻のイシス神殿の聖なる石のエネルギーについては、過去ブログ記事『春分に行けなかったイシス神殿 (╥_╥)』をご参照ください)


どうでしょうか?9月のエジプトでのミッションは、コンプリート(完了)でしょうか?


「はい。兵士たちは目覚めて、オベリスクは受精したそうです。兵士が目覚めても、自分たちは何も感じないけれど、ポコプンたち神の手伝いをするらしいです」と、ノンモさん。


兵士たちは全部で20体あって、神殿の正面に4体、左右に8体ずつでしたと報告すると、ノンモさんいわく、左右の8体がその兵士だそうですねとのことでした。


イシス神殿の砂とエネルギーが入った小瓶は「良い感じでエネルギーが発酵中」だとのことで、まだ開封していませんが、メッセージが分かり次第、シェアさせて頂きますね。


9月20日の20年に一度のエジプトでのエネルギーを受けた参加者様たちは、じょじょに真実を真実と言っても怖くない精神が培われ、人からジャッジされることを何とも思わない精神が高まっていくそうです。本当の意味での正義感が出て、物怖じしなくなり、また、エネルギーが守ってくれているので、怖がらなくても大丈夫になるそうです。参加者様の周りは光に包まれた状態になっているとのこと。


と、9月の秋分でさえ、これだけ盛りだくさんだったので、


来年3月開催予定の、
「八多と行く!満月の春分のエジプト・イシス神殿と、古代神殿のパワースポット巡り。そしてクフ王ピラミッドを大人レンタル!」

は、これを上回る、ポコプン・ミッションが降りてくるに違いないと思っています。

この旅のハイライトは、

★ クフ王ピラミッドを丸ごと大人レンタルして、夜のピラミッド内部から地球と宇宙からのエネルギーを受ける!

「もしも洗礼的なものがほしければ、夜の星が出ているギザのクフ王ピラミッドのそばに行くと、地球と宇宙からのエネルギーが受けられるよ」と、ポコプンが言っていましたが、そばではなく、クフ王ピラミッドの内部に入ってしまうのが一番良いんだそうで、だったら大人レンタルしてしまおう~!ってなった次第です。また、ピラミッドのそばのホテルに滞在しますので、十分に夜のピラミッドのエネルギーを受けて頂けます。
  

★ 2019年の満月と重なるミラクルな春分に、ポコプン・ミッション(詳細は直前まで不明)でイシス神殿を訪れます!
  

★ 現地のベテランガイドさんだからこそできる!ガイドブックに載っていない、ピラミッドや、古代エジプト神殿の秘密のパワースポットをご紹介♪


★ルクソールからアスワンまでは、船に乗って優雅にナイル川クルーズ。八多との座談会もあります♪



ツアーの詳細は近日、フェイスブック「ワクワク不思議旅☆癒守の地球の歩き方」グループでお知らせいたします。

ワクワク不思議旅☆癒守の地球の歩き方
https://www.facebook.com/groups/isearth.travel

(フェイスブック「癒守の地球」グループにご参加の方に閲覧して頂けます)


2019年3月のエジプトツアーの参加者資格は、

● フェイスブック「ワクワク不思議旅☆癒守の地球の歩き方」グループのメンバー様であること
● いずれかの癒守結セッションを受けて下さっていること


の条件を満たす方とさせて頂きますので、よろしくお願いします。


ツアーに参加したいけど、期間がご都合に合わない方、団体旅行が苦手な方、友達またはパートナーだけでエジプト旅行をされたい方は、旅のお手伝いをさせて頂きますので、ぜひお問い合わせ下さい。


9月25日は満月で、「満月の光を浴びながら、エジプト時代の前世に思いを馳せてみて。当時の自分と今の自分がコミュニケーション取れるようになるよ」と、ポコプンに言われて、ボーッとお月見してました。が、前世の自分を思い出すこともなければ、コミュニケーションも取れたとは思えない、安定の私でした

アスワンの満月

↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト