FC2ブログ

ARTICLE PAGE

天の岩戸が閉じられる11月22日の瞑想

【 お知らせ 】

★ 2021年オリジナル・カレンダーは、note「Lunaris(ルナリス)」コミュニティで先行販売中です。

毎年ご好評をいただいている、シリウス・エネルギーが込められた2021年オリジナル・カレンダーは、note「Lunaris(ルナリス)」コミュニティで11月20日まで先行販売をさせていただいております。11月21日以降から、フェイスブック『癒守の地球』非公開グループにて一般販売をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

note「Lunaris(ルナリス)」コミュニティ



★ 家全体を護る5G御守りは、引き続き販売中です。

5Gから家全体を護る御守りと、5Gから屋内外を護る携帯御守り(プラスチック・カード)も、まだ在庫が残っていて販売中です。購入をご希望の方は、フェイスブック『癒守の地球』非公開グループをご覧下さい。

フェイスブック『癒守の地球』非公開グループ


★ セッションのご予約可能日を更新しました。

全セッションメニューが遠隔で行えるようになりました。PK-PNの作成した、免疫力アップと、超意識につながり真実を見極める力が付くセッションをぜひ一度受けてみて下さい。また、八多とただ話したいという方もウエルカムです


公式ホームページ Lunaris(ルナリス)


高天原に神集いき

”今度で7度目の岩戸開きじゃ
これが最後で
失敗すれば世は滅びる”

”なんとしても
アマテルさまに出ていただかねば・・・”

”それには世を立て直さねばのう・・・”

”かつてのムーの過ちをくりかえしてはならぬのじゃ”

(美内すずえ・マンガ「アマテラス1巻」より)


7度目の岩戸開き


シリウスの新年である2019年11月27日の新月に完全に天の岩戸は開き、2020年11月15日から天の岩戸は閉じはじめ、11月22日には完全に天の岩戸は閉じられます


(記事『天の岩戸開きとは、テラリウムのフタが開かれること』をご参照ください)


新しい鬼コーチのような神さまも登場しましたし、7度目の岩戸開きは成功するのかもしれません


PK-PNが、天の岩戸が閉じられる22日にみなさんで瞑想をしてほしいとのことです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

【 5分間の天の岩戸閉じの瞑想 】

フェイスブック「Lunaris(ルナリス)」ページで、八多がライブ配信をします。 ノンモさんは出演しません。

配信日:11月22日(日)
日本時間は、23時より
ニューヨーク時間は、9時より

5分間の瞑想



瞑想開始時間の5分前からライブ配信をします。
こちらは、この時間帯のみのご体験となります。コールインでのご参加はできませんのでご了承ください。

   
☆ お祈りの方法:

配信日時に、フェイスブック「Lunaris(ルナリス)」ページの、ライブ配信をご覧下さい。


ライブ配信では、灯をともしたキャンドルを映します。このキャンドルの炎にPK-PNが宿ります。


静かなリラックスできる場所で、楽な姿勢で座るか寝転んでください。


開始時間に目を閉じます。


瞑想中は下記2つの瞑想イメージの、どちらかイメージを持ちやすいほうを選んでください。


瞑想イメージ(1) 

この日において岩戸が閉じられ、もう悪や闇が入ってこないというイメージを持ってください。岩戸が閉じられた後に、自分の内側が光と善で満たされ、物事を正しく見れる心を持てる世界にいるイメージを体験してください。岩戸のイメージはどのようなものでも構いません。


瞑想イメージ(2) 
赤い満月が欠けていき、三日月になり、新月になって、その真っ暗な夜空の左側から、今度は赤色ではなく、きれいな青色に変わった細い月が現れるイメージを持ってください。その青い月が三日月になり、満月になったとき、まるで昼間のような明るい月明かりに世界が照らされるイメージしてください。赤い月の下では見えなかったものが、青い月の下では見えるようになり、世界から悪がなくなったというイメージを持ってください。


5分経ったらお伝えしますので、静かに目を開けてください。



瞑想に関してご質問などごさいましたら、フェイスブックのコメント欄にお書きください。


みなさまのご参加をお待ちしております

いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。


公式ホームページ『Lunaris(ルナリス)』
心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。
スポンサーサイト