FC2ブログ

ARTICLE PAGE

日本人がいつまでも優れていると思うな。周りの意見に左右され、メディアに惑わされ、自分の意見を持てない者に龍がつくわけがない

前回の記事からの続きです。


PK-PNの1つ上の神さまの超厳しいメッセージをブログに書くにあたって、


「そのまま書け。(ノンモと八多の)エゴだと思われるなら、そう思わせとけ!」


とも言われましたので、伝えられたそのまんま書きます。


炎上間違いなしキャンプファイヤーの時に歌う「燃えろよ燃えろ」が、頭の中で鳴り響いてます(苦笑)




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


そんな真実も見極められないなら龍が逃げていくのも当たり前だろ。そんなんで龍が神だとか言ってるな!


何度も何度もPK-PNが真実を見極めろと言っているのに、できないんだから、自分が不幸や闇に居続けるのはあたりまえだろ。そこから抜けられないのを神のせいにするな。


宗教や金儲けじゃなく、みんなのためを思って伝えているのに、メディアにたぶらかされて・・・、そんなんだったら勝手にしろ。


(ここで厳しい神さまはPK-PNに向かって「甘いやり方ではやってられないだろ!もっとちゃんとしろ!」と言ったそう)


甘ったれてんな!新しいISの時代がはじまるんだから、いつまでもメディアとか変なスピ集団の言ってることにたぶらかされていたいならそっちに行け。八方美人であっちこっち行ってんな!


バイデンになった今、このままでいけばウル人間の%は必要数まで達する。でもメディアに惑わされている者は目覚めない。おまえたちなんかいらない。目覚める者はもう決まってるので、おまえたちなんか目覚めさせる必要はない。米大統領選のことを、わざわざ説明しなくても、おまえたちなんかいなくても、十分ウル人間は目覚める。次元が変わったときに後悔するな。


米大統領選について、滞米生活の長いノンモと八多の視点から読者を諭したい気持ちはわかる。でも、去る者は去らせろ。向こうが闇を見てるのは自己責任なんだから。こっちを向いてる者はこれだけ(この人数)で十分。こっちを向きたくないなら向かなくて良い。いつまでたっても龍の精神が芽生えないのはそっちのせいだ。


こちらから切るのではなく、ついてこれないなら、ついてこさせるな。


(と言われ、さすがにそれはブログに書けない~ってノンモさんが言うと、「そんな甘ったれたことを言ってるから進まないんだろ!」と言われる)


日本人がいつまでも優れていると思うな。以前は精神的にも意識的にも人類の先頭だったけど、今は周りの意見に左右され、メディアに惑わされ、自分の意見を持つこともできない、そんな者に龍がつくわけがない。ついても龍がずっとそこにいるわけがない。


神としては、こっちは本物。巷に出てる8割5分が偽物。でも偽物情報に面白いと心臓が震えてるんだったら、こっちに心臓が震えないなら(ブログを)読む必要はない。(読者を)切ってるわけじゃないからな!


心臓でなにを感じるか次第。闇の情報に心臓が震えるならそっちにいればいい。間違った正義感で反論者を成敗しないといけないと思っている者たちは、その次元で暮らしていくのだからそれでいい。


そんなくだらない者達をこっちに振り向かせなくても、いらん!向こうを向かせておけ。このメッセージを読んで、腹を立てたり文句を言うのは、しょせんその程度の意識レベルの人間なんだから放っておけばいい。



「・・・って神さまが言ってるんですけど、PK-PNは『(そんなの)言えない~💦言えない~💦』って言ってます」と、ノンモさん。


龍についてきてほしいからとか、神様に見捨てられたくないからとか、ウル人間として目覚めたいからとか、闇の地球に行くのは怖いからという理由で、神さまの言いなりになる人が出てくると思います。神さまにAって言われたら、よくわからないままにAを鵜呑みにされてしまいそうです。それって宗教になってしまいませんか?と言うと、


「Aと言ったらAだと思ってついてこい。わかる者はついてこい。わからない者は無理してついてこなくて結構。ついてきて挫折するなら勝手に向こうに行け」

だとのこと。


「自分に新しい神さまがつくことで、離れる人もいるけれど、新しいフォロワーも出てきます。これは神の振り分けではなく、個人の自由意志によるものなので、心臓が震える方向に好きなように行けばいいんです。本当のシリウスの変換期は今ですね」と、ノンモさん。


「ISも新しい方向にしていく」


と神さまが言うシリウスの新時代。甘くはなさそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト