FC2ブログ

ARTICLE PAGE

事実は過去になってみないとわからないのでは?

「買い物に行って、野菜売り場から肉売り場まで歩いて移動しているけど、肉体がここにあるのではなくて、これはイメージだ!インチキだ!と時々感じるようになったんです。なんというか、売り場から売り場へ瞬時に行っていて、野菜売り場から肉売り場までどうやってきたっけ?って思うことがあります」と、ノンモさん。

買い物

たとえば旅行も、ノンモさんはその道中でした食事や宿泊したホテルを覚えていないので、ずっと物覚えが悪いと思っていたけれど、今はどう考えても行程をスキップしたようにしか考えられないとのこと。


「つい最近もパートナーに、〇〇の家に行ったよね!と言われたんですが、全く行った記憶がないのに〇〇の家で自分が写っている写真があるんです。でも、その写真を見せられて事実と言われているだけで、そのスキップしたものを見ていないと感じるんです」と、ノンモさんが言うには、


現在形は覚えていないけど、過去形になったら『そういえばやったよね』となって、それが事実になってしまうんです。


なので、事実は過去になってみないとわからないのでは?


買い物も現在形の時には覚えてないけど、過去になったら覚えているんです。


今この瞬間には恐怖や不安や悲しみや怒りはないのに、経験したこととして見せられたイメージによって、恐怖や不安や悲しみや怒りがあるものとして感じさせられていると思うそうです。


きっとノンモさんは、今この瞬間にいるのだと思います。

(→記事『シリウス講座 上級編 第三十章「今この瞬間に没頭してください」』をご参照ください)


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


スポンサーサイト