FC2ブログ

ARTICLE PAGE

善良な二ビル星人(アヌンナキ)と友達になって、コンタクトをとってください

「八多さんがエジプトから帰ってきてから、また今までとは違うタイプのメッセージが届くようになってます」と、ノンモさん。


そのメッセージには、過去ブログ記事『癒守の地球物語』と一部重なる情報や、また変化している情報がありますが、つじつまを合わせようとしないで!と言われています。


こちらの記事は、

善良な二ビル星人= 良いアヌンナキ
悪い二ビル星人 =悪いアヌンナキ


として、お読みください。

     ********

二ビル星の終末を予測していた12の神の内の4神である、オリオン、シリウス、ベガ、マクシニアス(アルクトゥルス+プレアデス)は、善良な二ビル星人たちを救うために、二ビル星よりも少し波動の低い地球上にもともと暮らしていた虫や動物のDNAと、二ビル星人のDNAを掛け合わせて、二ビル星人が地球上で暮らせる器となる「人間」を生み出すことにしました。


善良な二ビル星人は神と対話することができました。なぜなら意識の高い二ビル星人は「考える」という顕在意識を持たなかったからです。 「人間」を生み出すため、4神と善良な二ビル星人は協力しあい、様々な生物のDNAの研究を続けましたが、なかなか良い結果を出すことができませんでした。特に、爬虫類のDNAと掛けあわせたものは、ひどい結果となりました。様々な研究と実験を繰り返し、猿のDNAから理想的な「人間」が誕生しました。猿から人間へのミッシングリンクがあるのは、この研究のためなのです。


二ビル星人には、羽が生えていました。写真の新アッシリア時代(前875-860年頃)の有翼獣は、「人間」を生み出す研究をしている善良な二ビル星人をあらわしたものです。

良いアヌンナキ

そして、二ビル星人の正面にある木は、DNAをあらわしています。

良いアヌンナキ2

二ビル星人が手に持っている、松ぼっくりのようなものはDNAの変換機です。
(八多と行く!「メトロポリタン美術館ツアー」へご参加下さったみなさま、ようやく教えてもらえましたよ!)

良いアヌンナキ3


善良な二ビル星人は、生まれたばかりの原始的な「人間」に農業、牧畜、病気の治癒法などの生活の知恵や、カニバリズムの禁止などのモラルも伝えて、導き、彼らが自立し独自の文明を築くように促しました。「人間」は、そんな彼らを慕っていました。


しかし、悪い二ビル星人が大洪水を引き起こし、同時に人間の松果体を封じたため、人間は神や善良な二ビル星人とコミュニケーションが取れなくなってしまいました。そして悪い二ビル星人は、この世にエゴを蔓延させ、地球を支配しはじめたのです。


善良な二ビル星人は現在、3次元ではないどこかに存在しています。彼らは、自分たちと同じ二ビル星人である、少数の悪い二ビル星人(=悪いアヌンナキ)たちが地球を支配し、善良な二ビル星人のDNAを継ぐ、愛しい我が子のような「人間」を家畜化し、自然破壊や環境汚染を繰り返して、終焉を目前とする地球に対して、とても嘆いています。


善良な二ビル星人たちは、彼らのDNAを引き継ぐ私たちに、幸せになってもらいたいと思っています。


これからは、みなさん各々が、善良な二ビル星人たちの誰かひとりと友達になって、彼らと直接コンタクトをとるようになってもらいたいのです。たとえば、ノンモさんにとってのポコプンのような存在を、善良な二ビル星人の中から見つけてほしいのです。


現在の地球は本当のところ、ポコプンたち高次元の神にとっては、これ以上はなすすべがないといったお手上げ状態です。ですが、善良な二ビル星人は3次元に近い波動であるため、3次元に対しての力を持っているのです。またこれからは、人間の中に眠っている善良な二ビル星人のDNAを目覚めさせることが大切になってきます。特に白人種の人間の、善良な二ビル星人のDNAの目覚めが必要になってきます。


みなさんが善良な二ビル星人と友達になったら、彼らに直接「幸せ」をお願いしてください。この幸せは個人的なものでも良いですし、世界規模のものでも良いのです。彼らとコンタクトとれるように努めてください。


(彼らとコンタクトをとる方法は、また後日教えてもらうことになっていますが、八多の新しいセッションを通してになるかもしれないそうです。セッションを一度だけ受けると、善良な二ビル星人とコンタクトできるようになるとのことです)


この羽を持つ善良な二ビル星人とは、ヤタガラスかもしれないそうです。

↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト