FC2ブログ

ARTICLE PAGE

豊かな自然環境の本物の神がいる社寺に存在する3神「ソトニ様」、「コヒト様」、「モエイ様」

note「Lunaris(ルナリス)」コミュニティにて、大好評をいただいているノンモ&PK-PNの鑑定シリーズですが、今回の「あなたの気になる写真を鑑定(19日で受付終了)」では唐突に、


「ソトニ様」、「コヒト様」、「モエイ様」


という3体の神様の名前が出てきました。


「ずいぶん前に、この3体の神様のPK-PN情報が出ていたので、もう八多さんや読者さんにお伝えしているものだと思ってました」とノンモさんが言う、


「ソトニ様」、「コヒト様」、「モエイ様」の3体の神様は、神社やお寺などにいる神様だそうですが、どこの社寺でも存在するわけではなく、豊かな自然環境にある、本物の神がいる社寺にしか存在しないそうです。


この3体の神様は神社の御祭神には関係しないとのこと。


「ソト二様」は、祝福や幸福をもたらす神様で、神社やお寺などで写真を撮った時に、白いモヤとなって現れ写真に写りこみます。


「コヒト様」は、人生で迷ったとき、正しい方向へ導いて下さるお導きの神様で、神社やお寺で写真を撮った時に、白い直線や波線や、何本の線にもなって写真に写ることがあります。


「モエイ様」は、その場にいる人たちを守ってくれる守護の神様です。神社やお寺で写真を撮った時に、白く丸いオーブ(時には、たくさんのオーブ)として写真に写りこみます。


カメラのレンズの汚れや、砂やほこりや光の加減で、偶然オーブやモヤのように見える写真もたくさんあるため、『3体の神様が写真に写った! ここは本物の社寺ね!』と勘違いしてしまう方も多いでしょうねとのことです。なので正確な判断は、ノンモさんのようにちゃんと見える方の鑑定が必要になります。


この3体の神様は地球上のどこにでも存在しますが、日本が圧倒的に多いそうです。でも3体の神様は日本の神様というわけではないとのこと。


古代は場のエネルギーを護るために、その場に社寺を建てたようですが、3体の神様はそのエネルギーがある場に存在する神様のようです。


「キリスト教会にはあまり3体の神様はいない。でも街の中ではなく自然(木)が多いところにある教会だったら存在は可能だと思うよ」


と、PK-PN。


3体の神様が写真に写る人写らない人、祝福される人とされない人がいるようですが、


「理由はわからないですね。その人が困っているからとか、地球語を話せるからとか、エゴがないからとか、そういう理由ではないみたいで、祝福が必要な人と必要じゃない人がいて、必要な人の写真には写りこむのかも」


と、オーブもモヤも写真に写りこまないノンモさんが首をかしげていると、


ケガをしている人を治してあげようとして、犬が患部をペロペロとなめるとき、犬には『かわいそう』という感情はなくて、ただ足りないところに寄り添ってあげたいと思っているだけ・・・というPK-PNからのイメージをノンモさんが見たので、3体の神様の祝福もそんな犬の感じに近いのかもとのことでした。


ちなみに、3体の神様の祝福は人間だけが対象ではないそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト