FC2ブログ

ARTICLE PAGE

助け合うことで、お互いの『助ける』がふくらんでいって、大きなところに到達するようになっている

「ボランティアなどの無償だけじゃなくて、お金をいただいたとしても、相手のためにしてあげたいと思うことをするとお金は舞い戻ってくるそうです」と、ノンモさんが言うには、


たとえそれが勤め先でも、上司や同僚、お客様や得意先の役に立てるといいなとか、少しでも助けになればいいなと思って仕事をすると、お金は舞い戻ってきますが、めんどくせー!やってられない!って思いながら、渋々お金のためにやっていると、人生の中でお金は返ってこないとのこと。


誰かを助けるばかりじゃなくて、誰かに助けを求めることもしないと、エネルギーが自分だけで留まってしまう法則みたいなものもあるそうで、


「助け合うことで、お互いの『助ける』が少しずつふくらむんです。自分が誰かを助けるために3ポイントをプレゼントしたら、数日後、別の誰かから4ポイントもらったので、困ってる人に3.5ポイントをプレゼントしたら、別の誰かから5ポイントを渡された・・・という風に、助けあう者同士が少し多めに返ってくるようになっていて、そうやって『助ける』がふくらんでいって、大きなところに到達するようになっているそうです」と、ノンモさん。


うわっ!それって、まさに昨夜にオンラインで立ち読みしたマンガの内容なんです!もう、ほんとにPK-PNには全てを見られていますよね~(^▽^;)


そのマンガの主人公って、誰からの頼みも気安く引き受けてしまう女の子なんですが、誰かの都合の良いパシリになっていて、利用されていると思った主人公の彼氏は、そんな彼女を見ていてイライラするんだけど、最終的には彼女の数々のボランティア活動が新しい友情を芽生えさせて、そこから人脈ネットワークが広がって、ディスカウント券やVIPのコンサートチケットに化けて戻ってくるっていう内容なんです。


「そうそう!そうなんだよ!」と、PK-PN。


相手のためを思ってした行動は、いつ、どんな形でなのかわからないけれど、人生の中で必ず返ってくるのですが、


「そうじゃないんだよ。貯金になっているんだよ」とPK-PNは言います。


たとえばノンモさんが、仕事を失ったばかりのクライアントさんに無償でセッションをされたことがあるのですが、そのセッション代は貯金されていて、それがノンモさんの人生の中で、お金じゃなくて物で返ってくるかもしれないし、クライアントさんとは全く別の思いがけないところからポンとお金が入ってくるかもしれないとのこと。


またその貯金には利子ついていて、少しふくらんで返ってくるそうです。


立ち読みマンガを読みながら『私はこれができてないなぁ・・・』って思ってたので、これからのチャレンジになりそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト