FC2ブログ

ARTICLE PAGE

地球語を理解する人間は、地球が家族として受け入れ守ってくれるから生き残る。

巨石は「俺のことが分かるなんてめずらしい」と言うと、こう語りはじめました。


何千年もの間ずっとここにいて、自然界を見てきた。


人間の人数がそれほどおらず、動物が世の中心で、地球語が話されていた時からそこにいた。


植物、動物、雨、太陽、風と出合って話をしてきた。昔は人間とも話ができていた。


でもいつの間にか人間は地球語を理解できなくなった。でもそれに対して、嘆かわしいとは思わない。


自分はこの先もずっとここにいるわけで、そのうち人間なんていなくなるから。


今は通過点にすぎないから。また元通りになる時がくるのが分かっているから。


巨石と人


それを聞いて少年が「人間は消滅するんだね?」と巨石に訊ねると、


今のままだったらね・・・と、巨石は続けてこう言いました。、


でも、木、石、風、太陽の言葉が分かる人間が増えていくと彼らは生き残るだろうね。


自分たちの声が聞こえない人間は、エゴなどで自然に消滅するけれど、最終的に生き残るのは地球語を理解している人間になる。


地球語を本当に理解できるから生き残る・・・というよりも、地球がその人間を家族の一員として受け入れて、守ってくれるから生き残る。


彼らは地球と一緒に生きていける。


これまでいろんなものを見てきたから、今後どうなっていくのかを知っているだけ。


今まで繰り返し見てきたから。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。

心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサーサイト