FC2ブログ

ARTICLE PAGE

「思い出せ」というのは、私たちが封印されている爬虫類、哺乳類、昆虫類などの能力のこと

記事『ドラマ「グリム(GRIMM)」とレプティリアン』と、あわせてお読みください。


アメリカでは無料で視聴できますが、日本のアマゾンプライムではつい最近有料になってしまったドラマ「グリム(GRIMM)」は、


「ちゃんとこの世の真実を知っている人が作ったドラマでしょうね」と、ノンモさんは言います。


ドラマの中では、人間と同じ姿となってこの世界で普通に生活している、一般の人間には見えないヴェッセンという化け物がいるのですが、このヴェッセンのほぼ全員が白人であることも、「ちゃんと意図して」作っているでしょうねとのことです。


ヴェッセンは感情的になると、オオカミ、羊、ネズミ、虎などの本来の姿が表に出るのですが、その姿も一般の人間には見ることができません。

Wesen.jpg
▲ ドラマ「グリム(GRIMM)」のヴェッセン


「もともと人間は、全員ヴェッセンだった」とPK-PN。


過去ブログ記事『癒守の地球物語「アダムとイブ」』でお伝えしたように、オリオン、シリウス、ベガ、マクシニアス(アルクトゥルス+プレアデス)の4神は、創造神の願いを叶えるため、地球から数々の爬虫類や哺乳類、昆虫類を火星に持ち込んで、「ヒト化」の実験を繰り返しました。


「4神の実験では失敗作もできたし、いろんな種類の生物もできたそうです。その生物をひとまとめにして人間の顔と姿を持たせました」と、ノンモさん。


すべての生物は人間の姿かたちをしているけれど、4神の実験によりDNAに組み込まれている、地球の爬虫類、哺乳類、昆虫類などの能力を、ブログでは分かりやすく「ヴェッセン」と呼びたいと思います。


人間の中にはヴェッセンの記憶が残っていて、その能力を自由自在に使える者もいるそうで、


「世界を支配している者の多くがそれ」だと、PK-PNは言います。


そして世界を支配している者に、脳内のヴェッセンの記憶を消された(または封じられた)者が、私たち一般の人間なのだそうです。


なので、「目覚めさせる」とか「封印を解く」とか、「思い出せ」とかいうメッセージは、私たちが忘れてしまった「ヴェッセンの能力」のことを言っていたのです。




PK-PN「ま、そんな感じで、動物や昆虫たちは人間よりも遥かに優れた『隠れた才能』をたっくさん持ってるんだよ」


ノンモ「いいなぁ・・・それが全て人間に備わっていたら良いのになぁ♡」


PK-PN「バカッ!」


ノンモ「えっ?バ・・・?」


PK-PN「な~んにもわかってないね!!人間にそんな特殊能力が備わったらどうなると思ってんの?ただでさえ地球の環境や自然を破壊したり、犯罪が絶えないのに、チーターのようなスピード、ハヤブサのような羽、フンコロガシのような腕力、ダチョウのような視力、蟻のような聴覚、アフリカゾウのような嗅覚に、人間のエゴの思考が加わったらどうなるのかイメージしてみなよ」


(note『支配者層のデータ収集の目的に対抗できる日本人の特殊能力(ノンモの神とのチャット) 』より)



といった風に、最近やたらとPK-PNが動物や昆虫や地球語の情報を出してくるなぁと思ってたら、それは私たちの封じられた「ヴェッセンの能力」につながっていたのですね。


きっと全ての人間がヴェッセンの能力を持っていた時代は、地球語で会話をしていたのでしょう。


「だから、一般の人間にはヴェッセンの能力を失っていてもらわないと、世界を支配しているヴェッセンには都合が悪い」と、PK-PN。


ちなみにこれは、ブログに書いていなかった2016年のPK-PN情報なのですが、「あなた猿顔よね~!」と言われたり、「私って馬顔だなぁ」と思ったりと、動物を彷彿とさせる顔立ちの人っていませんか?


動物だけではなく、爬虫類、昆虫類、魚類を彷彿とさせる顔立ちは、4神がそれぞれにエネルギーを入れたヴェッセンの名残りなのだそうです。


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。


公式ホームページ『Lunaris(ルナリス)』
心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。


スポンサーサイト