FC2ブログ

ARTICLE PAGE

シリウス講座 上級編 第二十八章「何かしたとき、頭の中で言葉(特に形容詞)を使わないようにしてください」

第二十八章「何かしたとき、頭の中で言葉(特に形容詞)を使わないようにしてください」


食べているとき、頭の中で『おいしい~』とか、『あま~い』とか、『しょっぱい~』って言ったり、足をどこかにぶつけたら頭の中で『痛った~い!』って言ったり、テレビを見ながら『なんで?』って言ったりしますよね。


これからは意識的に、食べるとき、足をぶつけたとき、テレビを見ているときなどに、頭の中で言葉(特に形容詞)を使わないように試みてみてください。


お菓子やケーキを食べるときに、頭の中で『あまい』という形容詞を使わないようにしてみてください。塩をなめても『しょっぱい』っていう形容詞を頭の中で使わないようにしてみてください。


古代には言語なんてなかったので、現在では目に見えなくなってしまったものが見えていて、理解できなくなってしまったものが理解できていました。けれど、言語ができてからそういったことが封印されてしまったのです。


日常的についつい頭の中で使っている言葉や形容詞を、あえて使わないように訓練をすると、閉ざされていたものが開いて、地球語が理解できるようになってきます。動物や岩や神様の考え方が分かるようになり、地球の仕組みも分かるようになります。


旧約聖書のバベルの塔の神は偽神で、人間が真実の神に近づいたため怒って、人間と真実の神を途絶えさせるために言語を作りました。言語ができたことで人間はたくさん考えるようになり、エゴが出てきました。


言語が無いとエゴは存在できません。たとえば狼に育てられ言葉を話せない人間にエゴは絶対にありません。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

シリウス講座は、毎日きちんとやらなくては!と気負って頂く必要はありませんし、順番通りでなくても大丈夫です。気が向いたときに、ご自分のペースでのんびりと実行されてみてください。

シリウス講座は、初級編、中級編、上級編の3編で完成予定です。このすべてを完全に自分のものにした時、神意識への目覚めが起こり、何があろうとも決してブレない、強靭な精神力を得られます。



★ これまでのシリウス講座 上級編はこちらから ⇒ 「シリウス講座(上級編)」


★ シリウス講座、初級編と中級編は、無料でダウンロードできます。⇒「シリウス講座 (初級編)と(中級編)」


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。


公式ホームページ『Lunaris(ルナリス)』
心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。
スポンサーサイト