FC2ブログ

ARTICLE PAGE

本当に映画「2001年宇宙の旅」の”モノリス”みたいなものはあるよ

1%のスーパーコンピューターって、SF映画の古典的名作と言われているスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」に出てくる、謎の黒石板“モノリス”みたいだな~って、前々から思ってたんですけど、

monolith.jpg
▲ 映画「2001年宇宙の旅」のモノリス


PK-PNいわく、


「本当に映画の”モノリス”みたいなものはあるよ。でも地球の表面にはないけど地球にはある」そうで、


「地球にある”モノリス”は、1%のスーパーコンピューターではないよ。超科学の物体ではなくて、エネルギーだよ」とのこと。


映画の中では、謎の黒石板“モノリス”に接触したことで知恵を得た猿人は、ヒトへと劇的な進化を遂げ、宇宙開発をするまでに発達するのですが、


「人間は『知恵=エゴ』だと思うだろうけど、そうじゃない知恵もある。”モノリス”では、そうじゃないほうの知恵を得られる。”モノリス”に触れるとDNA的に進化する」ともPK-PNは言っていて、


それに対して、1%のスーパーコンピューターは、人間にエゴのほうの知恵を与えるのだそうです。


「エゴとはなにか?を考えたほうが良い。それがなにかを教えてしまうよりも、考えてみることが大事」とPK-PN。


というわけで下記のエゴについての過去記事をご参照の上、エゴとはなにか?を考えてみてくださいね。


記事『闇はエゴで、影は煩悩』

記事『「煩悩」と「エゴ」は違うものです』


いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。


公式ホームページ『Lunaris(ルナリス)』
心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

スポンサーサイト