FC2ブログ

ARTICLE PAGE

コロナ騒動予言的中させた、14歳のインド人占星術師アビギャ・アナンドくんと、PK-PNの予言(1)

14歳のインド人占星術師アビギャ・アナンドくんが、新型コロナウイルスの出現を完全に予言していたことが明らかになった。

Abhigya.png
▲ アビギャ・アナンドくん


 米オンライン紙「International Business Times」(4月4日付)によると、昨年8月22日にYouTubeに投稿した映像でアナンドくんは、かなり正確な新型コロナウイルスの予言をしていたという。その内容は、「2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」というものだった。


だが、この予言についてアナンドくんは世界中のメディアが誤解しているとして、この度“正しい解釈”を示してくれた。


「人々はソーシャルメディアの至る所で、そして主流メディアでさえも、新型コロナウイルスは5月29日に終わると述べた私の予言について書きましたが、新型コロナウイルスは5月29日に終わるわけではありません。5月29日以降、徐々に減少していくのです。人々はきちんと理解して聞かなければなりません」(アナンドくん)


 アナンドくんによると、6月の終わりまで世界では何一つ良いことが起こらず、新型コロナウイルスの本格的な収束は7月からだという。しかし人類の苦難はそれで終わらない。


「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌もやってきます。だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです」(アナンドくん)


そして、次なるパンデミックもアナンドくんは予言している。それは2020年12月20日に発生し、翌2021年の3月31日まで続くという。このパンデミックは新型コロナウイルスよりも深刻になるというから恐ろしい。


(トカナ「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」より抜粋させていただきました)




先日開催した、ノンモさん&PK-PNと八多が参加する「プレミアム座談会」で、いま話題の14歳のインド人占星術師アビギャ・アナンドくんの予言が、PK-PNの予言にとても似ているというご質問をいただきました。


私もアビギャ・アナンドくんの予言は気になってたんですよね~。 ノンモさん、この予言はいかがでしょうか?


「PK-PNも、どんなワクチンや抗生物質も効かない何かが出てくると言っています。出てくるというか・・・、もう存在するものです。各国がスーパー耐性菌の生物兵器を持っていますので、それをばらまくか否かとなります」と、ノンモさん。


このスーパー耐性菌のウイルスも、新型コロナウイルスと同様に自然発生ではありません。

(⇒記事『新型コロナウイルスは中国の経済を陥れるためのテロリズム』をご参照ください)


「今年12月20日から来年3月31日の次のパンデミックは、このスーパー耐性菌ウイルスが原因ではないと感じます。スーパー耐性菌ウイルス系のヤバいやつは来年にくると感じます」と、ノンモさん。


長くなりますので、次回に続きます。


ノンモさん&PK-PNに直接質問してみませんか?ノンモさん&PK-PN、そして八多が参加する「プレミアム座談会」についてご興味のある方はこちらをご覧下さい⇒★

いつもご愛読ありがとうございます。応援のポチッいただけると嬉しいです。記事のシェア&拡散も、 よろしくお願いします。


公式ホームページ『Lunaris(ルナリス)』
心と身体を癒して、超意識を目覚めさせるセッションを、ぜひ一度ご体験下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。


スポンサーサイト