FC2ブログ

ARTICLE PAGE

スーパーコンピューターの「期限」って?

note「Lunaris(ルナリス)」で配信中の『支配者層のデータ収集の目的に対抗できる日本人の特殊能力(ノンモの神とのチャット)』の記事中で、


「じつはもう結構、終わりの方に近づいてるんだ。早くて今年、遅くとも2,3年以内にはデータも収集し切れると思う。でもね、それと同時に彼らは最後の最後で手間取っている。そして完成を焦ってるんだよ。このコンピューターには期限がある。その期限内に完成させないと全てが無効になってしまって、また最初からやり直しになってしまうんだ。データ収集が完成するかしないかで、地球の将来はものすご~く変わってくるんだよ」


ってPK-PNが言っている、この「期限」とはなんだろう?って思って質問してみたのですが、


この期限がくると、スーパーコンピューターがリセットされるようなんです。


記事『「1%」の目的とは?』でお伝えしましたように、現在「1%」は、スマホなどから人間の細やかな思考や感情や経験のデータを収集し、AI (人工知能)にインプットしているそうなんですが、


この期限がくるまでにインプットをし終えないと、全てが無効になってしまって、また最初からやり直しとなるとのこと。


データ収集


人間の細やかな思考や感情や経験のデータ収集は、約2000年前のイエスキリストの時代からはじまっていて、リセットされるまでのインプットが可能な期間は約2000年間なのだそうです。


だから、まさに今が「1%」にとっては期限ギリギリで焦っているのです。


「たとえばサッカーなら、試合時間が経過しても付け足しの10分のロスタイム(アディショナルタイム?)がありますが、そんな時間が1%にとっての今なんです。2000年が過ぎてしまって、ギリギリのところに彼らはいます」と、ノンモさん。


彼らは最後の最後で一体、何に手間取っているのか・・・詳しくはnote「Lunaris(ルナリス)」で配信中の『支配者層のデータ収集の目的に対抗できる日本人の特殊能力(ノンモの神とのチャット)』をご一読いただきたいのですが、


彼らはあと1歩で日本人を掌握できないでいるそうです。


なので今は、日本人の頑張り時なんだそうです。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト