FC2ブログ

ARTICLE PAGE

自閉症の人口が増えているのは、神へミューテーション(突然変異)しているから

ブログ記事『進化する人類と自閉症児』では、


「2020年以降、自閉症の子供たちがもっと生まれるようになるそうです」とノンモさんが言っていて、


これからどんどん自閉症の人口が増えてきて、彼らの方が今後の時代にあうようになり、現在は健常者と呼ばれている私たちのようなタイプの人間が、この世からいなくなりますと、お伝えしていました。


自閉症だけでなく、脳に障害をもつ知的障害者や発達障害者には、歴史の年月日とその事件の内容や、一度読んだ本の内容を完璧に覚えていたり、驚異の暗算能力や絶対音感があったりなど、コンピューターのような脳を持っているかのように、突出した才能を発揮する人が多いことはご存知でしょう。

Rain Man

▲ 有名な自閉症をテーマにした映画『レインマン(Rain Man』


「本来、人は、彼らのように、脳をコンピューターのように使うことができた」と、PK-PNが言うには、


現在、自閉症の人口が増えているのは、神へミューテーション(突然変異)していっているから。


これは悪い偽神ではなくて、真実の神へのミューテーション。


彼らは新しいタイプの人間。


彼らは動物と会話ができるようになる。


神の世界の存在も、自閉症のようなんだ。


脳に障害をもつ彼らは、支配者層に支配されない。


たとえばコロナウイルスなどからの恐怖は感じない。


でも、殴られたり、縛り付けられたりされれば恐怖を感じる。


まやかしに恐怖を感じるのは、健常者と呼ばれるキミたちだけ。



とのこと。本当にその通りですね


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト