FC2ブログ

ARTICLE PAGE

コロナウイルスから身を守るためには、除菌と殺菌をするしかありません

たしか、コロナウイルスが問題になる直前にアメリカでは、除菌や殺菌効果のある商品は環境や人体に問題があるので、販売をとりやめる方向になっていて、ハンドサニタイザーも、そのうち手に入らなくなる・・・という風に記憶しているのですが、


「それは、発がん性物質の入った除菌ソープなどの商品だったと思いますよ。除菌や殺菌効果のあるものは、地球にはそんなに害はありません」と、ノンモさん。


地球には害はないんですね~!でも肌に殺菌効果のあるサニタイザーを使ったり、なにかと石鹸で手を洗ったりすると、消毒や殺菌で、善玉の常在菌まで殺してしまい、それが免疫力の低下につながるという懸念を目にします。


「人体についたばい菌は、バクテリアが殺菌してくれているので、肌を過剰に殺菌してしまうと免疫力は落ちるでしょうね」と、ノンモさん。


幼い時に泥まみれになって遊んで、口に砂や泥が入っても健康に育ったのは、バクテリアによる免疫力のおかげだそうです。でも、大人になって除菌の行き届いた大都会などの環境に暮らしているうちに、そのバクテリアの免疫効果は、なくなっていくのだそうです。


「なのでこのままでは、人間の体はとても弱くなる。すぐに病気になってしまうってPK-PNが言っています」と、ノンモさん。


なのでPK-PNいわく、本当はちょっとくらい人体にバクテリアを取り入れた方が良いとのこと。


例えば、便座が汚れていなければ、殺菌せずに直接座っても良いくらいだし、洗わない手で、おにぎりやサンドイッチを手づかみで食べるくらいが、バクテリアを取り入れて、体の免疫力を高めるという点では良いそうです。


でもこれはバクテリアの話です。


ウイルスではありません。


多くの方が勘違いされているようですが、バクテリアと、ウイルスは全く違うものです。どうか、くれぐれもお間違えのないようにお願いいたします。


たとえば、バクテリアは抗生物質で治療できますが、ウイルスは抗生物質では死滅しません。


バクテリアは、ウイルスから人体を守ることができません。


なのでウイルスから身を守るためには、除菌と殺菌をするしかありません


なので現在は、公共のトイレを使ったり、洗わない手でおにぎりやサンドイッチを食べると、コロナウイルスに感染する危険度は増します。


コロナウイルスにもいつかは終焉がきます。なので、それまでは除菌と殺菌を続けて、ウイルスから身を守ることをお勧めします。


コロナウイルスが終焉したら、除菌と殺菌の使用を中止すれば良いのです。


現在は、バクテリアによる免疫力を高めることよりも、コロナウイルスから身を守ることが先決です。


最後にもう一度申し上げますが、バクテリアと、ウイルスは全く違うものです。


どうか、くれぐれもお間違えのありませんように。


バクテリアとウイルスの違いについては、記事『ウイルスもバクテリアも宇宙からやってきた』を、ご一読ください。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト