FC2ブログ

ARTICLE PAGE

デーヴィッド・アイク『コロナウイルスの真実』と1%の計画


陰謀論の第一人者、デーヴィッド・アイクのインタビュー『コロナウイルスの真実』がYoutubeで配信中です。



デーヴィッド・アイクのインタビュー『コロナウイルスの真実』(日本語字幕付き)


ノンモさんもこの動画を観て、


「デーヴィッド・アイクの言ってることは新しい情報じゃないですし、今までPK-PNが伝えている内容とほぼ同じですよね~」と、言っていて、わたしも情報に驚きは感じませんでした。


でもノンモさんは同意できないこともあって、それは、「インフルエンザに比べれば死者数も少ないのに、コロナウイルスで騒ぎすぎる」とデーヴィッド・アイクが言っている点だそうで、


「コロナウイスの重篤患者が病院に入りきれない状態は、アメリカでは今までになかったことなので、インフルエンザとは全く違うものです。騒ぎすぎという問題ではないと思います」とのこと。


この動画でのデーヴィッド・アイクは、陰謀論が苦手な方でも観ていただけるのではないかな?と思うのです。というのも、この動画内では、デーヴィッド・アイクが富裕層ピラミッドの頂点を「1%」と呼んでいるのですが、それは下の図のピラミッドの頂点である、

David Icke Pyramid
(天下泰平「ドラゴニアンvsレプティリアン」より、デーヴィッド・アイクによる地球支配のピラミッド図をお借りしました)


① 爬虫類人的異星人


のことなんですよね


なので、デーヴィッド・アイク初心者には、動画は比較的優しい内容になっていると思います。(内容はヘビーですけども)


先日の記事『コロナウイルスのパンデミックを的中させた「アングロサクソン・ミッション」』では、


彼らの計画ではある戦争がきっかけになる予定だったようですが、人類がパニックを起こし犯罪が増えることにより、国民が政府や軍隊に事態を収拾させるように依頼することから、各国が「非常事態宣言」を出し、さらに「戒厳令」が敷かれ、政府は正々堂々と「厳重な警備体制」で国民を監視そして管理できるようになるという彼らの計画が、


コロナウイルスのパンデミックで、現実になりそうですが、


「ある国が、中国の経済を陥れるためにコロナウイルスを生物兵器として使用して、前もって用意してあった特効薬を差し出すことで、世界のヒーローになる予定だったんでしょうけど、コロナウイルスが計画していたものと違うタイプに変形していて、その計画が大きく狂ったのだと思いますよ。さすがにここまで無意味な経済的打撃を被るつもりはなかったでしょうからね」と、ノンモさんが言っていたように、


これは先進諸国のトップの計画ではなく、


デーヴィッド・アイクの言う、「1%」の計画である可能性は高いとのことです。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト