FC2ブログ

ARTICLE PAGE

人間は神の領域を超えてしまったので、神には予想がつかない

2014年ごろから、ことあるごとにPK-PNは、2020年は大きな変化の年で、世界が終わるかも・・・ということが起きてくるよと言ってましたよね? 私とノンモさんにとっては、まさかまさかのコロナウイルスなんですが、PK-PNはコロナウイルスをある程度予測できていたんですか?


「それがコロナウイルスだとはPK-PNは分かっていなかったですが、2020年に何かしらのエネルギーが待っているのを感じていたので、前もって『2020年から何かあるよ』と言っていたんだそうです」とノンモさん。


何かしらのエネルギーを感じるだけで、具体的に何が起こるのかは、PK-PNたちには分からないそうなんですが、


その理由を、旧約聖書の「バベルの塔」の神話にたとえるならば、



旧約聖書 「バベルの塔」

世界中、同じ言葉と同じ言語を用いていたところ、東の方から移動した人々が、天にも届くバベルの塔を築きはじめたことで、それを見た旧約聖書の神が降臨し「人間は言葉が同じなため、このようなことを始めた。人々の言語を乱し、通じない違う言葉を話させるようにしよう」と言い、人類の言語をバラバラにした。


バベルの塔




人間は神の領域を超えてしまったので、神は人間に話しかけて、導くことができなくなってしまった。


だから神に聞かれても分からない。


テクノロジー的にも、バベルの塔のようなものができてしまった。



とのことで、


「バベルの塔は偽りの神であると言えるし、アヌンナキのスーパーコンピューターかもしれないです」と、ノンモさん。

(⇒過去ブログ記事『3次元の神』をご参照ください)


神の領域を超えたテクノロジーが何をしようとしているのかの予想がつかないので、PK-PNたち神は、3次元ではもうお手上げなんだそうです。


なので、PK-PNたち神ができることは、少しでも正しい方向に人々を導き、 できる範囲で守ってあげることなんだそうです。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト