FC2ブログ

ARTICLE PAGE

農薬よりも、遺伝子組み換えされている種を使う方がダメ

これから農業を始めようとされていて、無農薬栽培をお考えなら、それを心から神は応援しますが、無農薬が全てではありません。


農薬を使う方が良い植物もあるのです。


無農薬にすると、何度か収穫した後の、ある時期を過ぎれば野菜や植物から出てしまうものがあります。それを農薬で補ってあげる方が良い場合もあるからです。


(この、ある時期を過ぎれば野菜や植物から出てしまう「もの」は、栄養分ではないらしいですが、PK-PNのイメージからノンモさんは何なのか理解できなかったようです)


農薬やワックスのかからない、オーガニックの野菜などはすぐに萎びてしまうので、経済的に大変になることも考えた方が良いでしょう。


無農薬なら新鮮な野菜を早くさばける、すぐに売り切る事の出来る、小規模な商売になってしまうことも念頭に置いてください。農薬に強くこだわらずに、ご自分の利益や作業の大変さを考える事も大切ですよ。



(過去ブログ記事、2016年2月の記事『無農薬栽培について』より)




実はこの情報には続きがありまして・・・、


農薬よりも、遺伝子組み換えされている種を使う方がダメ。


普通の種で育った野菜や植物に農薬を使う方がまだ良い。


植物は農薬を土に流せるので、人体はそこまで影響を受けない。


それに、大地には再生能力がある。


アヌンナキは遺伝子組み換えをした種を作って、生態系を破壊している。



当時は不安をあおるような情報を書くことに抵抗があったので、書けずに放置していたPK-PN情報です。


当時に比べれば、かなり深刻な情報を書くようになったものの、これでも不安をあおる情報や炎上しそうな情報は控えていたりします (;^_^A


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト