FC2ブログ

ARTICLE PAGE

日本語は、脳のある部分を守っているのかも

東京医科歯科大学の角田忠信教授が、1987年1月にキューバのハバナで開かれた第一回国際学会「中枢神経系の病態生理学とその代償」に参加した時の事である。キューバではいまだ戦時体制が続いており、西側諸国からの参加者は角田教授一人だった。開会式の前夜に歓迎会が開かれ、東欧圏から大勢の科学者が参加していた。キューバ人の男性が力強いスペイン語で熱弁をふるう。


しかし、教授は会場を覆う激しい「虫の音」に気をとられていた。なるほど暑い国だな、と感心して、周囲の人に何という虫かと尋ねてみたが、だれも何も聞こえないという。教授には「蝉しぐれ」のように聞こえるのに!


午前2時頃、ようやくパーティが終わって、キューバ人の若い男女二人と帰途についたが、静かな夜道には、さきほどよりももっと激しく虫の音が聞こえる。教授が何度も虫の鳴く草むらを指して示しても、二人は立ち止まって真剣に聴き入るのだが、何も聞こえないようだ。不思議そうに顔を見合わせては、お疲れでしょうからゆっくりお休みください、というばかりであった。


教授は毎日、この二人と行動をともにしたが、3日目になってようやく男性は虫の音に気づくようになった。しかし、それ以上の感心は示さなかった。女性の方は、ついに一週間しても分からないままで終わった。どうも日本人の耳と、外国人の耳は違いがあるようだ。


角田教授の発見では、虫の音だけでなく、そのほかの動物の鳴き声、波、風、雨の音、小川のせせらぎまで、日本人は言語脳で聞いているという。これまた山や川や海まで、ありとあらゆる自然物に神が宿り、人間はその一員に過ぎないという日本古来からの自然観に合致している。


角田教授の発見で興味深いのは、自然音を言語脳で受けめるという日本型の特徴が、日本人や日系人という「血筋」の問題ではなく、日本語を母国語として最初に覚えたかどうかという点で決まるということである。

(Live Door News『なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?』から抜粋)


虫の声


日本人とポリネシア人だけが「虫の声」が認識できるそうなのですが、これは地球語に関係しますか?


「日本人とポリネシア人だけが、虫の音を左脳で言語として受け取るのは、地球語とは関係しないと思いますけど、日本語を母国語として育つと、他国語が頭に入ってこないようになっているみたいですよ」と、ノンモさんが言うには、


それは(わざと)入ってこないようにさせているからだとのこと。


宇宙人の偽神の言葉や、声や、意識が、日本人の脳には到達しないように、日本語は作られているそうです。



だからお隣の国にはキリスト教徒がたくさんいるのに、そのキリストの言葉は、日本人の心には響かないようになっているとのこと。


アジアで英語が話せない国として、日本が下から2番目なんだそうですが(ちなみに最下位は北朝鮮)、これも日本語が関係しているそうで、


日本語を母国語として育つと他国語が頭に入ってきにくいようで、日本語のアクセントが抜けにくくなっているそうです。


私やノンモさんのように日本語で育ちながら、英語を二カ国語として日常的に話している人も、日本語の力の方が勝っているとのこと。


「日本語は、脳のある部分を守っているのかもしれませんね。同じアジア人なのに日本人は、中国人や韓国人のように外国人と対等に付き合うのが苦手で、海外になじめず、自信がない性格になっているのも、そうやって守る何かがあるのかもしれません」と、ノンモさん。


このPK-PN情報を聞いて、アメリカ生活が27年目となっているのに、相変わらず英語が流暢に話せないし、アメリカ人とのお付き合いも苦手なのは、日本語で育ったからなのね!と、ちょっと一安心の私です ( ̄▽ ̄;)


余談ですが、PK-PNいわく、


「神の言葉が降りてきたら、シュメール語や日本語のような文法になるんだよ」だとのこと。



どの言語でも言葉使いに注意を払うのはとても大事なことなんだけど、特に日本語は、言葉にエネルギーを含んでいるので、美しい言葉を使うと、前へ前へと進むエネルギーとなるし、汚い言葉使いは、前に進みにくくなるとのことです。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト