FC2ブログ

ARTICLE PAGE

「悪」は、影にも闇にも属さない

先日、ノンモさんがフェイスブック『癒守の地球』非公開グループにて、アカデミー賞で主演男優賞を受賞した、ホアキン・フェニックスのスピーチを投稿されていましたが、

JOKER.jpg


「これまでブログでは光、影、闇についてお伝えしていましたが、そこに『悪』が出てきました」と、ノンモさん。

(光、闇、影については、記事『光と影と闇の違いを知ることが、令和のコンセプトになります』をご覧下さい)


ホアキン・フェニックス主演映画「ジョーカー」は、私たちが暮らす現代を風刺したストーリーです。


悪が光のふりをしていて、メディアも悪を光だと伝えているので、みんなはそう信じて生きています。


光のふりした悪が、もともと光だった者をだまして、困難な状況に追い込み、陥れられた光だった者は怒りを抑えきれずに犯罪を犯す・・・。


それを悪と呼ぶようになっているので、世の中が逆さになっているのです。


この世の中では、悪が「自分たちは光である」と人々を洗脳して、世界をコントロールしています。


「(一つの例に過ぎないけど)ジョーカーの映画を観ることで、世界のニュースを見て、本当の悪はどっちだろう?と見抜けるようになることが大切」だと、PK-PNは言います。


悪は闇にも影にも属さない。


光と闇がバランスを取らないように、善も悪もバランスはとらない。


悪はただの悪。悪は全く別物。


この闇でも影でもない『悪』については、次回で説明します。


↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト