FC2ブログ

ARTICLE PAGE

かぐや姫は益田岩船に乗って地球に降りてきた

かぐや姫で知られる『竹取物語』は、平安時代初期に成立した成立年、作者ともに未詳の、謎だらけの日本の物語です。


この竹取物語の舞台となったのが、奈良県の益田岩船だとPK-PNは言います。

はしお元気村
「竹取物語」の舞台となった町とされている(諸説あり)奈良県中部の広陵町の珍スポット『巨大かぐや姫』の像


「かぐや姫のお話は比喩されていて、実際は宇宙人の子供を拾って育てた話だった」とPK-PN。


「益田岩船に乗っていた赤ん坊を、おじいさんが見つけたのでしょうね」と、ノンモさんが言うには、


月のある一族が、何らかの理由で滅亡の危機に瀕した。


そこで月の一族はDNAを残すために、姫である赤ん坊だけを使い捨ての岩船に乗せ、地球に逃した。


その岩船は竹やぶの生い茂る、現在の益田岩船と呼ばれる巨石の位置に不時着。


岩船に乗った赤ん坊(姫)を、おじいさんが見つけて、おばあさんと一緒に育てた。


月日は流れ、月の一族は滅亡の危機を免れた。


平和を取り戻した一族は、かぐや姫を月へと連れ戻した。



とのこと。


「説明できないんですけど、この月の一族の月は空に浮かぶ月ではなくて、地底になるんですよね・・・」と、ノンモさん。


私も説明できないんですけど、地底であることがなんとなく分かります。

↓いつもご愛読ありがとうございます。応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト