FC2ブログ

ARTICLE PAGE

エドワード・スノーデンが人類の目覚めの先駆者

前回の記事『前方後円墳の型をした神の乗り物と「空白の四世紀」 』での、「空白の四世紀」の100年間の間には一体何があったか・・・というPK-PN情報の前に、それに少し関係するエドワード・スノーデンについて触れたいと思います。



NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わり、米政府による大規模な情報収集活動を暴露し、現在はロシアで暮らす米国家安全保障局(NSA)元職員のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)ですが、

エドワードスノーデン


PK-PNいわく、


エドワード・スノーデンが本当の目覚め。


目覚めの先頭をきっている人。


ああいう人が増えていくと地球が本当に変わる。


彼は命をかけている。ロシアに亡命して自由も奪われている。


白人でも、こういう人がいるんだよ。


見習いなさい。


だとのこと。


「エドワード・スノーデンのような人物が、これからどんどん現れて命をかけて真実を暴いていくと、現体制の政府も、金融界も、宗教も全部つぶれるでしょう。その時にPK-PNは出てこれるんです」と、ノンモさん。


2020年から人類の意識の目覚めがはじまります。


世界中で、闇の中でも光を見ることができる、ウル人間としての意識が目覚め、


日本人には龍の意識が目覚めますが、


PK-PNが「なんで、みんな龍に入ってもらいたいと思うのかわからない」と、言うように、


目覚めた人間の人生は、エドワード・スノーデンのようにとても過酷になるようです。


以前の記事『救世主は意識でもあり、人でもある』では、PK-PNが、


「救世主は意識でもあり、人でもあります。けれど、イエスやブッダのように、人類を導くような人間が現れるのではありません。スピリチュアルに全く関係しない、スピリチュアルに全く興味のない、一般の日本人が、ある時ひょんなことから、バーッと世界中に広がり、世界中が影響を受けるような『何か』を発信します。それは世界中の誰もが予想しなかった『何か』で、それを発信した本人もびっくりするほどの成功を収めるでしょう。その『何か』に、世界の人々の中がそうか!と納得させられるのです。例えばそれは、たまたま作った曲が大ヒットするなどといった感じです」


と、言っていましたが、


「日本から出てくる救世主は、エドワード・スノーデンのような日本人かもしれないですね。世界の政界も財界も、すべての仕組みを知っていて暴くことができる日本人かもしれません」と、ノンモさんは言います。


世界の政界も財界も、すべての仕組みを知っていて暴くことができる日本人って・・・???


こちらは、座談会やシリウス講座やセッションなどの対面でお話させていただきますね~。


(ΦωΦ)フフフ…

こういった情報をもっと詳しく知りたくありませんか?ブログに書けない裏話をさせて頂く座談会を大阪と東京で12月に、魂の経験ポイント、死後の世界、悟り、解脱、輪廻転生の仕組み、運命のパートナーと究極の恋愛についてのセミナーを、2020年1月5日に大阪で開催予定です。ご興味のある方はこちらをご覧下さい⇒☆


超意識とつながり、覚醒・悟り・解脱をうながすセッションも、12月と1月に東京と大阪でさせていただきます。詳しくはこちらをご参照ください⇒☆



↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト