FC2ブログ

ARTICLE PAGE

「許し」とは「ゆるめる」こと

noteで配信中の、ブログに書くには重すぎる終末的なPK-PN情報、『続 ザ・ラスト・プレジデント』では、2020年1月から、2020年11月3日のアメリカ大統領選挙まで、みんなでお祈りして「許し」のエネルギーを送ることを、PK-PNが提案しているのですが、それが、上から目線のように感じてしまうというコメントがありました。


「自分が最近唯一読んだ小林正観さんの本に書いてあったのですが、『許し』とは、『ゆるめる』ということなんです。PK-PNにとっての『許し』も同じだそうです」


「許し」とは、誰かに対してではなく、自分自身に対してのものです。


パートナーにムカつくことを言われて、どうしても怒りが収まらない時は、怒りで自分自身の心がガチガチに固まっています。そんなあなたへパートナーが、火に油を注ぐような発言や行動をしようものなら、さらに怒りは強まり、さらに心がガチガチに固くなりますよね。


心がガチガチに固まっていると、負のエネルギーを使うのでとても疲れます。悪いのはパートナーなのに、自分がどんどん消耗してしまうのです。


そんなガチガチに固まってしまった心を、フーッと「ゆるめる」ことです。それが「許し」です。ガチガチに固くなった心を、柔らかく包んであげるようなイメージです。


けれど、パートナーにされた言動を許す必要はありません。


イヤなものはイヤでOKです。


「罪を重ねる相手を許し、罪を許し、相手を受け入れる事」が、許しではなく、「相手の罪を許すのではなく、これ以上自分を苦しめないために、ゆるめる(許し)こと」が許しです。


ゆるしとは
「相手を無罪放免にする手段」ではなく、
「自分を自由にする手段」です。

ダライ・ラマ14世



話は戻って、トランプ大統領とその周囲の闇への「許し」ですが、直接的な嫌がらせをされているわけじゃないので、個人的にそこまでの怒りは湧かないですよね。


なので、トランプ大統領とその周囲には、


『ゆるめてみて~!すっごく楽だよ~♡』


というエネルギーを、みなさんと一緒に送ることになるそうです。


トランプ大統領も、その周囲の闇も、人から怒りや憎悪を受けて当然だと思っているので、常に心がガチガチに固まっています。そんな彼らが殺意などを受けると、さらに心を固めてしまいます。


でも、『ゆるめてみて~!すっごく楽だよ~♡』という、ホワ~ンとしたポジティブで温かなエネルギーを送ると、どう対処して良いのかわからず、めちゃくちゃ戸惑ってしまうんだそうです。


そして、たった数名だけかもしれませんが、ゆるめてみようかな?と思える心が生まれるかもしれません。


許しについては、過去ブログ記事の、

● 「許し」について
● 母と許し

も、あわせてご参照ください。


トランプ大統領と、その周囲の闇へ、「ゆるめる(許し)」エネルギーを送れるようになるために、まずは自分自身をゆるめてあげて、それでどれだけ楽になれるかを体験してみてくださいね。

↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト