FC2ブログ

ARTICLE PAGE

天の岩戸開きとは、テラリウムのフタが開かれること

記事『自分たちが本来いた森、ムーに帰る』とあわせて読んで下さいね。



高天原に神集いき

”今度で7度目の岩戸開きじゃ
これが最後で
失敗すれば世は滅びる”

”なんとしても
アマテルさまに出ていただかねば・・・”

”それには世を立て直さねばのう・・・”

”かつてのムーの過ちをくりかえしてはならぬのじゃ”


(美内すずえ・マンガ「アマテラス1巻」より)

7度目の岩戸開き

2018年4月に「今回は7回目の岩戸開きだそうで、失敗したら後がないそうです。」とノンモさんに言われて、


後がない・・・今回が7回目ということは、以前の6回は全部失敗したんですか?と質問したら、PK-PNが答えを引っ込めてしまったのは、当時にこの情報を出すのが時期尚早だったからのようです。

(旧ブログ記事『今度で7度目の岩戸開き』をご参照ください)


シリウスの新年である2019年11月27日の新月から、2020年のシリウスの年末までに、テラリウムのフタが開かれるのことが、天の岩戸開きのことだとPK-PNは言います。


そして先週に再度、今回が7回目の岩戸開きということは、以前の6回は全部失敗したんですか?と質問をしてみたところ、


「これまで(6回まで)はテラリウムごと捨ててしまっていたのかもしれませんね」と、ノンモさん。


それはノアの方舟のような大一掃(アセンション)のことですよね? でも、今回失敗したら後がないというのは、どういうことなんですか?


「何か重要な目的があってテラリウムを作っているわけじゃないとしたら、もうこれ以上、テラリウムは作らないということなんでしょうね。誰だって、何度作り直してもいつも納得のいかない結果しか出なければ、同じものを作ろうとは思いませんよね」


2019年11月にテラリウムのフタが開かれることで、肉体的にムーに帰るというよりも、内面のエネルギー的な変化が起きて、真実を見極められる人が増えてくるそうです。


そして、その変化が上手くいけば、多くの人々が今まで世界を牛耳っていた者に騙されなくなるため、2023年から2024年の1年間で、反乱や暴動が起こるとのことです。


↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================

スポンサーサイト