FC2ブログ

ARTICLE PAGE

ノートルダム大聖堂火災の人類への大警告

4月15日夜(日本時間16日未明)に発生した、ノートルダム大聖堂の火災について、ノンモさんからメッセージが届きました。


「ノートルダム大聖堂の火災後に『 ノートルダム大聖堂は燃えても、十字架は焼け残り輝いていた・・・』といった記事を見たんですが、これを真実の神からの、宗教に対する大警告であると受け取らないところがすごい…というか、人間のダメさ加減を証明してしまいますよね」


と、ノンモさん。


ノートルダム大聖堂の火災は、精神の腐敗がすすむ多くの人間に対しての神々の大警告です。


この火災はPK-PNたちが起こしたわけではないものの、それでもPK-PNは「そう(大警告)だよ」と言っています。


この大警告は、宗教の名のもとに神を偽り、人間を堕落の道に導いている世界の上層組織に対してのものであるのですが、ノートルダム大聖堂火災を大警告と受け取らない人類に対してのものでもあります。 


このまま人類が真実から目を逸らし続け、心を改めず、エゴのなすがままにいるのであれば、終末へ向かう出来事がこれからさらに増えていきます。


     ********


私はこのノートルダム大聖堂火災のことを、いち早く、陰謀論が大好きなエジプト人日本語ガイドさんから教えてもらったのですが、ガイドさんいわく、この火災は終末へのサインであって、以前フェイスブックでシェアさせて頂いた「 I, Pet Goat II」という7分半の意味深なショートアニメの中で、予言されていること、

「 I, Pet Goat II」のショートアニメに出てくる、ノートルダム大聖堂の大火災の予言⇓



「 I, Pet Goat II」という、7分半の意味深で不気味なショートアニメはこちらから⇓



そして、約15年前の映画「ビフォア・サンセット」の中に、


Jesse: I heard this story once, about when the... the Germans were occupying Paris and they had to retreat back, they wire Notre Dame to blow. But they had to... they had to leave one guy in charge of hitting the switch and the guy, the soldier, he... he couldn't do it. You know, he just sat there, knocked out by how beautiful the place was. And then, when the Allied troops came in, they found all the explosives just lying there... and the switch unturned and they found the same thing at Sacre Coeur... Eiffel Tower and a couple of other places, I think.

Céline: Is that true?

Jesse: I don't know... I always liked the story though.

Céline: Yeah, that's a great story. But you have to think that Notre Dame will be gone one day. There used to be another church or cathedral at the same. Right there.


ジェシー: これは以前聞いた話なんだけど、パリを占領していたドイツ軍が退却する時、ノートルダム大聖堂を破壊するためのワイヤーを張り巡らし、(時限爆弾の?)スイッチを押す責任を一人の男に任せた。でも、その男・・・兵士はスイッチを押すことができなかった。彼はノートルダム大聖堂の美しさにノックアウトされてしまったからなんだ。そしてそこに連合軍がやって来て、ドイツ軍の爆発物をすべて見つけ…爆発物のスイッチを回せなくした。連合軍はサクレクール寺院でも、エッフェル塔や、他にも何か所かで同じ爆発物を見つけた・・・という話だったと思うんだ。

セリーヌ: それは、本当の事なの?

ジェシー: わからない。でも、好きなストーリーなんだ。

セリーヌ: ええ。とってもいいストーリーね。 ノートルダム大聖堂もいつか無くなってしまうのよ。昔は別の教会か聖堂が、ノートルダム大聖堂と同じ場所に建っていたから。

(By 八多の意訳です)



というセリフがあり、火災を予言されていたといって、話題になっていることも教えて頂きました。


まさに、玉石混淆の世界なうですね。


誰かに答えを乞うのではなく、自分の心で、玉と石を見分ける力をつけること。


〜真実〔麦粒〕と偽り〔麦殻〕とを見分けられるだろうか〜
 自分自身の真実を見つけていくのが各人の仕事なのだ
(By 『魂の法則』 ヴィセント・ギリェム)


『魂の法則』は、無料ダウンロードして読むことができます。ダウンロードはこちらのサイトから⇒☆


↓応援の拍手ボタンのポチッも、よろしくお願いします↓
================
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。遠隔セッションも承っております。

=================
スポンサーサイト