FC2ブログ

ハタブログ

ARCHIVE PAGE

archive: 2019年08月  1/1

秋から冬(9月~12月)に、PK-PNが参拝をおススメする神社

No image

【 2019年 秋から冬(9月~12月)に、PK-PNがおススメする神社 】・ 島根県出雲市の「 日御碕神社」 ☆ ご利益 ☆ 多くの人々の人生の課題とも言える「自分を愛する」ことを経験し学ばせてくれる。それによって、本当の意味での「他人を愛する」ことを習得出来るようになり、最終的には神の無条件の愛を完全に受け入れ、感じることが出来るようになる。・ 奈良県桜井市の「笠山坐神社」☆ ご利益 ☆ 何百年もの間、先祖...

  •  closed
  •  closed

アカシックレコードにアクセスして、未来を変えるセッションのご体験談(@遠隔セッション Sさん)

No image

「アカシックレコードにアクセスして、未来を変える」遠隔セッションを受けてくださった、Sさんより、ご体験談が届きましたので、シェアさせていただきます♪Sさんにはご体験談のシェアへのご快諾を頂いております。「アカシックレコードにアクセスして、未来を変える」セッションでは、天のコンピューターにアクセスして、魂が誕生した過去から現在までを振り返った上で、未来を書き換えます。そして書き換えた後に「Enter(エンタ...

  •  closed
  •  closed

天の岩戸開きとは、テラリウムのフタが開かれること

記事『自分たちが本来いた森、ムーに帰る』とあわせて読んで下さいね。高天原に神集いき”今度で7度目の岩戸開きじゃこれが最後で失敗すれば世は滅びる””なんとしてもアマテルさまに出ていただかねば・・・””それには世を立て直さねばのう・・・””かつてのムーの過ちをくりかえしてはならぬのじゃ”(美内すずえ・マンガ「アマテラス1巻」より)2018年4月に「今回は7回目の岩戸開きだそうで、失敗したら後がないそうです。」...

  •  closed
  •  closed

ムーに行ったノンモさん

No image

記事『自分たちが本来いた森、ムーに帰る』とあわせて読んで下さいね。先週、ノンモさんはムーに行ったんだそうです。しかも夢の中ではなくて、起きてる時に行ってきたんだそうです。ムーの空はとても変わっていて、エメラルドグリーン色だったそうで、太陽は霧に包まれているような淡い明るさで、直視できたそうです。そして、そこには地球上にはない、石とも土とも言えない素材で作られた黒っぽい建物がたくさんあったそうです。...

  •  closed
  •  closed

8月21日(水)NYスピリチュアル座談会のお知らせ

❉❉❉ NYスピリチュアル座談会(ブログのオフ会)のお知らせ ❉❉❉座談会では、ブログに書けない裏話もさせて頂いています♪ 普段できないスピリチュアル話を、思い切り楽しみませんか?日時:8月21日(水)6:30PM~8:30PM参加費:$1会場: マンハッタン内のセルフサービスのカフェ。詳しくはお問い合わせください。座談会に参加ご希望の方は、8月20日(火)までに、Eメール:eko8ta@gmail.comまで、下記を簡単にご明記の上...

  •  closed
  •  closed

旧暦の7月13日と新暦の8月13日が被る、とても珍しい2019年の旧盆

2019年の旧盆はとても珍しく、旧暦の7月13日が新暦の8月13日と被ります。沖縄県、鹿児島県の奄美など南方地域で行われている、「旧暦の7月13-15日の期間に行うお盆」と、「新暦の8月13-15日のお盆」の、旧暦が意味する2つの期間が被るのですが、2020年からの新時代の前年ですし、令和元年というのもあって、意味ありげだなぁと思うんですけど・・・。「それは鶴と亀で、亀が統べる時。時計の長針と短針のようなもので、2つの...

  •  closed
  •  closed

地球は人工的に作ったテラリウムのようなもの

前回の記事『自分たちが本来いた森、ムーに帰る』の続きになります。宇宙から地球をズームアップして見ると、東京やニューヨークの街を歩いている人間が見えるよね。でも、アマゾンの熱帯雨林の中にいる人間は、木々に隠れてしまって見えないでしょ。 ノンモのブログ『月双ノンモのなんでも愛ランド ~世界で一番悟りに近い島~ 』の記事「テラリウムの果て」の、テラリウムを作った主人公が虫眼鏡を使って中にいる微生物を眺め...

  •  closed
  •  closed

自分たちが本来いた森、ムーに帰る。

No image

ノンモさんのブログ『月双ノンモのなんでも愛ランド ~世界で一番悟りに近い島~ 』の記事「テラリウムの果て」の補足情報です。合わせてお読みください。記事「テラリウムの果て」では、主人公が作ったテラリウムの中に白い微生物が発生し、完璧な生態系を維持していたのですが、ある時、グレーの微生物が発生します。そして、その過半数となったグレーの中からいつしか真っ黒い色をした微生物が誕生し、そしてテラリウムの環境...

  •  closed
  •  closed