FC2ブログ

ハタブログ

ARCHIVE PAGE

archive: 2018年12月  1/1

イシス神殿の砂が入った小瓶を開けました

No image

  •  closed
  •  closed

質問をしないと天や神とは繋がることができない

No image

  •  closed
  •  closed

人間本位の社会を作っておいて、自然や動物に入ってもらおうとするのは虫が良すぎます

No image

座談会では、参加者のみなさんから前もってポコプンへのご質問を頂いて、座談会会場でポコプンの回答をお話させて頂いているのですが、その中でも、いくつか興味深い内容のものをブログでもシェアさせて頂きます。ご質問: 野生動物と距離を置いて接しようという風潮が日本にはありますが(鳥獣保護法など)、そんなこと気にせず野生動物に愛や尊敬、感謝を持って接したら、やがて仲良しになり農作物の害などに悩まない解決策や、...

  •  closed
  •  closed

「謙虚」とは

11月のポコ・ミッションで、黒くて圧力のある「何か」が岩穴から出てきて、グーッと胸に入ったんですが、あれは何だったんですか?と、ノンモさんに質問したら、(記事『ポコ・ミッションの関東方面ある場所(神社)とは・・・』をご参照ください)「その何かとは、3次元の神です。ポコプンたち高次の存在ではありません。その3次元の神は封印されていたのではなくて、何かから逃れて岩穴に隠れていて、呪文を投げかける誰かが来る...

  •  closed
  •  closed

祝福の「Oneness☆Togetherness」にご参加下さい

記事『祝福のOneness☆Togethernessをはじめてください』でお伝えしましたが、======================これまでのOneness☆Togethernessでは、傷や病気を癒すためのお祈りや、災害や事故の無事を願うお祈りをしていたし、このお祈りはずっと続けていってほしいんだけど、これからは、誰かの幸せや成就を祝福するための、Oneness☆Togethernessのお祈りもはじめてほしいのです。たとえば、恋人が見つかったとか、...

  •  closed
  •  closed

アーサー・C・クラーク「幼年期の終わり(Childhood's end)」と、ポコプンの最終目的

「幼年期の終わり(Childhood's end)」アーサー・C・クラーク著第一部 「地球とオーバーロードたち」人類のもとに、人類を圧倒的に凌駕する科学力を持つ異邦人「オーバーロード」が出現。オーバーロードの圧倒的な力を背景とした善導のもと、人類は平和な世界連邦へと統一されていく。 この過程で問題になったのはオーバーロードが姿を見せないということである。それが地球側の不信を増長させていたのだ。 オーバーロードの地...

  •  closed
  •  closed

実際のノンモさんはまだ幼いままで、黄昏時の四葉稲荷神社にいるのかもしれない

No image

  •  closed
  •  closed

黄昏時(誰そ彼)

No image

  •  closed
  •  closed

救世主は意識でもあり、人でもある。

No image

日本出張を終えて、ニューヨークの自宅に戻ってまいりました。 日本で対面セッションを受けて下さったみなさま、座談会にご参加下さったみなさま、そしてノンモさんの手作りネックレスやエジプトで買い付けた商品をお買い上げ下さったみなさま、本当に本当にありがとうございました。お会いできて嬉しかったです今回は初の試みである、シリウス講座と、出張座談会(プライベート座談会)もさせて頂いて、幸いにも好評を得られまし...

  •  closed
  •  closed