FC2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: アヌンナキ  1/1

善良な二ビル星人(アヌンナキ)と友達になって、コンタクトをとってください

「八多さんがエジプトから帰ってきてから、また今までとは違うタイプのメッセージが届くようになってます」と、ノンモさん。そのメッセージには、過去ブログ記事『癒守の地球物語』と一部重なる情報や、また変化している情報がありますが、つじつまを合わせようとしないで!と言われています。こちらの記事は、善良な二ビル星人= 良いアヌンナキ悪い二ビル星人 =悪いアヌンナキとして、お読みください。     ******...

  •  -
  •  -

3次元の富裕層のトップの人間にとってのカイコの糸とは、税金です

No image

記事『人間に改良され、野生では生きられなくなった蚕(カイコ)』の続きになりますが、3次元の富裕層のトップの人間にとっての、カイコの糸とは、税金です。ニューヨークでは平均30%~40%が所得税として差し引かれますが、その税金のすべては政府に納められるのではなく、さらに政府の上のどこかに納められ、その行方は分からず消え失せる・・・というのが現実です。彼らが人口を増やしているのは、人間が増えればそれだけ...

  •  -
  •  -

9・11は、すべての人類を監視するために行ったアヌンナキの最大の計画でした

何千年にもわたるアヌンナキの長期計画で、一番重要であったものは、2001年9月11日に起きた、アメリカ同時多発テロ事件(以下”9・11”)でした。9.11が起きてからというもの、アメリカは世界の「被害者」となり、テロリストという言葉がはびこるようになり、アラブ諸国と戦争をはじめようとも、無実のイスラム教徒を拘束しようとも、法律を好き勝手に変えようとも、何をしても世界から批判を受けなくなったのです。そしてア...

  •  -
  •  -

日本人が、ロボットと心のコミュニケーションを取り始めています

日本でのロボット化が目まぐるしく進んでいます。従来のように、製造ラインでただ人間の命令に服従するだけの、単純作業をするロボットではなく、人工知能(AI)を持つ協働型と呼ばれる、人間と共に仕事をするロボットを導入する日本の会社が増えています。これは、米欧企業を追い抜く日本の新事業システムとなるのではないかとさえ言われているようです。欧米諸国と大きく違う点は、協働型ロボットと働く日本人は、じょじょにロ...

  •  -
  •  -

人間に改良され、野生では生きられなくなった蚕(カイコ)

絹糸を紡ぎ出す蚕(カイコ)は、人間が飼育しやすいように野生の「クワコ」を改良し、人間の管理なしでは生きられなくした、野性回帰能力を失った家畜化動物です。野生のクワコの幼虫はエサを求めて動き回るし、成虫は飛んでしまうし、マユも小さいのですが、カイコは、幼虫の運動量も少なく、成虫は飛べず、大きなマユをつくってくれます。カイコの幼虫の腹脚は退化しているため、樹木に付着し続けることができず、野生に還すと、...

  •  -
  •  -