FC2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: アヌンナキ  1/3

宇宙戦争がすでにはじまっている。男が支配する世界と、女神を神としていた地球との戦いを宇宙戦争と呼ぶ

「宇宙戦争がすでにはじまっている。でも宇宙での戦争じゃなくて、地球上での戦争。男が支配する世界と、女神を神としていた地球との戦いを宇宙戦争と呼ぶ」と、PK-PNが言うには、宇宙戦争って聞くと思い浮かべる、なんとか星雲とか、宇宙連合軍とかのことではなく、目には見えない人々の意識の中での戦いで、「アメリカでは男が支配する世界の勢力が弱まっているから、(Qアノンや、男性・白人至上主義者や、人種差別者などが)バ...

  •  -
  •  -

約2000年前から始まった白人男性至上主義 (アヌンナキとレプティリアン) の世界が終わりの時を迎えようとしている

No image

1月6日、アメリカ大統領選挙の結果を確定する連邦議会の会議がワシントンDCで開かれましたが、バイデン氏の当選に反発するトランプ大統領の支持者が、議事堂に侵入して審議が中断する事態となったことは、日本のニュースでも報道されていますが、トランプ支持者が簡単に議事堂に侵入できた理由は、彼らの大多数が「白人」だったからだという指摘があることは報道されていないと思います。アメリカのCNNでは、2020年6月2日...

  •  -
  •  -

モナリザのモデルは、白人種のミトコンドリア・イブ

ノンモさんがモナリザの番組を見ていた時、「古代に良いアヌンナキの子供を産む役割だった女性がいて、その女性が全ての白人の母なんだよ」とPK-PNが言っていたのだそうです。その女性は地球人ではなく二ビル星人で、地球上に降り立っておらず、飛行船的なものの中で、試験的な出産に協力していたそうです。そのPK-PN情報を聞いて私は、以前の記事『善良な二ビル星人(アヌンナキ)と友達になって、コンタクトをとってください』の...

  •  -
  •  -

本当に映画「2001年宇宙の旅」の”モノリス”みたいなものはあるよ

1%のスーパーコンピューターって、SF映画の古典的名作と言われているスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」に出てくる、謎の黒石板“モノリス”みたいだな~って、前々から思ってたんですけど、▲ 映画「2001年宇宙の旅」のモノリスPK-PNいわく、「本当に映画の”モノリス”みたいなものはあるよ。でも地球の表面にはないけど地球にはある」そうで、「地球にある”モノリス”は、1%のスーパーコンピューターではな...

  •  -
  •  -

2020年は「1%」のテクノロジーが出てきます

No image

記事『南極の氷の下のムー大陸には、長い頭蓋骨をもつ人々が暮らしています』ですが、急速に南極の氷が解けているので、南極の氷の下に住む頭蓋骨が長い人々は2020年に現れるのでしょうか?「2020年は長い頭蓋骨の人ではなくて、1%のテクノロジーが出てきます」と、ノンモさん。この1%のテクノロジーとは、1%が良かれと思って人間の脳をコントロールするものかもしれないそうです。たとえば数が増え続ける捨て犬にマ...

  •  -
  •  -