FC2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: アイヌ・縄文人  1/2

アイヌの「イオマンテ」

アイヌには「イオマンテ」と呼ばれるお祭りがあります。冬の終わりに、まだ穴で冬眠しているヒグマを狩る猟を行う。冬ごもりの間に生まれた小熊がいた場合、母熊は殺すが(その際カムイ・ホプニレを行う)、小熊は集落に連れ帰って育てる。最初は、人間の子供と同じように家の中で育て、赤ん坊と同様に母乳をやることもあったという。大きくなってくると屋外の丸太で組んだ檻に移すが、やはり上等の食事を与える。1年か2年ほど育て...

  •  -
  •  -

すべては、日本からはじまったのです

日本には3万5千年前から、ムーの人々が暮らしていました。現在「縄文人」と呼ばれるそのムーの人々は、まるでアラブ人のような容貌をしていました。約13000年前、肉体を持った神々がムー大陸を海底に移動させる前に、地上をいつか平和な楽園に戻せるように、ムーの選ばれた神官たちとその家族を日本に残すことにしました。現在「アイヌ」と呼ばれているムーの選ばれた神官たちとその家族は、まるで白人のような容貌をしてい...

  •  -
  •  -

ムーの人々(アイヌと縄文人)と、渡来人

地上をいつか平和な楽園に戻せるように日本に残された、ムーの選ばれた神官たちとその家族(アイヌ)は、元々日本に暮らしていたムーの人々(縄文人)と共に平和に暮らしていました。そこに、中国大陸と朝鮮半島から日本列島に人々が渡来して弥生人となり、時代は弥生時代となっていくのですが、下の絵のように縄文人と弥生人はこんなにも容貌が違います。アイヌは人種的にはアイノイド(Ainoid)と呼ばれ、渡来人(モンゴロイド)...

  •  -
  •  -

シュメール文字を解読する人物が現れたときが、ムーの復活のはじまり

原シュメール文字(ウルク古拙文字?)は、わざと解明されないように作られてあります。原シュメール文字はシュメール人が使っておらず、後世に解読できる人物が現れるその日まで、一部のシュメール人(神官?)が、解読不能にした文字です。この後世の人物は、シュメール語や古代文字の解読や研究をしていない一般人ですが、ある日突然、なぜか原シュメール文字がスラスラと読めるようになるとのこと。この原シュメール文字を解読...

  •  -
  •  -

アイヌはムーの神官の末裔

争いを好まず平和を愛したムー大陸の文明は何万年もの間、穏やかに続いていましたが、地底から悪い者たちが現れて地上を占領しはじめ、争いを知らないムーの人々は自らを守るために、地底人がたどり着けない海底に移動するしかなくなりました。ムー大陸は海に沈んだということになっていますが、月と同じメカニズムで作られたムー大陸は、約13000年前、ムーの肉体を持った神々が海底に移動させました。ムー大陸を移動させる前...

  •  -
  •  -