FC2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: 救世主  1/1

原シュメール文字を読むには七感~八感を使うことになる

No image

前回の記事『シュメール文字を解読する人物が現れたときが、ムーの復活のはじまり』と合わせてお読みください。現在の人間は、味覚、触覚、聴覚、嗅覚、視覚の五感までしかないけれど、ムーの人々は八感まで持っていた。原シュメール文字は、五感では読めないようになっている。六感~八感がある程度戻ってこないと読めないようになっている。でも第六感でもきっとわからない。第六感の「虫の知らせ」のような予感で読めるようなも...

  •  -
  •  -

スマホは、人間の松果体(第三の目)を潰す目的として製造された

【 お知らせ 】1月29日(水)18:30pmから、マンハッタンで座談会(ブログのオフ会)を開催します。参加費は$1です。ご興味のある方は、eko8ta@gmail.comまで、お問い合わせください。スマホは、人間の松果体(第三の目)を潰す目的として製造された。アップルでもアンドロイドでも、どの会社の、どの機種でも スマホを使えば使うほど、第三の目は封じられるようになっている。スマホで通話する時には、なるべくスマ...

  •  -
  •  -

エドワード・スノーデンが人類の目覚めの先駆者

前回の記事『前方後円墳の型をした神の乗り物と「空白の四世紀」 』での、「空白の四世紀」の100年間の間には一体何があったか・・・というPK-PN情報の前に、それに少し関係するエドワード・スノーデンについて触れたいと思います。NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わり、米政府による大規模な...

  •  -
  •  -

実際のノンモさんはまだ幼いままで、黄昏時の四葉稲荷神社にいるのかもしれない

「もしも、自分が選ばれた子供だったとしたら・・・ですが、今は2018年にいて日常的にスマホを使うような経験をポコプンにさせられているけれど、実際の自分はまだ幼いままで、黄昏時の四葉稲荷神社にいて、ある時目覚めたら、その自分に戻るって感じるんです」と言い出すノンモさん。どうしたんですか、急に?なんでそんな風に思うんですか?とノンモさんに尋ねると、そういうイメージを、最近やたらと見るようになったからだとの...

  •  -
  •  -

救世主は意識でもあり、人でもある。

No image

日本出張を終えて、ニューヨークの自宅に戻ってまいりました。 日本で対面セッションを受けて下さったみなさま、座談会にご参加下さったみなさま、そしてノンモさんの手作りネックレスやエジプトで買い付けた商品をお買い上げ下さったみなさま、本当に本当にありがとうございました。お会いできて嬉しかったです今回は初の試みである、シリウス講座と、出張座談会(プライベート座談会)もさせて頂いて、幸いにも好評を得られまし...

  •  -
  •  -