fc2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: あの世と魂のしくみ  1/5

周りの人が死ぬから自分もいつか死ぬんだって思っているだろうけど、自分は絶対に死なない。この世は自分が主体で、周りの人間は経験や感情のために存在する

「他人は死ぬんだけど、自分は死なないんだよ。周りの人が死ぬから、それを見て自分もいつか死ぬんだ・・・って思っているだろうけど、自分は絶対に死なないんだよ。この世は自分が主体で、周りの人間は経験や感情のために存在する。自分は絶対に死なないようになってる。だから死を恐れる必要はないんだよ」と、PK-PNが言うには、たとえば私(八多)は、いつかノンモさんのお葬式に参列するかもしれないですが、私は決して死なな...

  •  -
  •  -

悟りを目の前にした「究極のひとり身」

悟りを目の前にして、「究極の恋愛」と「究極の無条件の愛」があると、以前の記事『「究極の恋愛」の後に現れる「究極の無条件の愛」を体験して解脱になります』でお伝えしていましたが、もうひとつ、悟りを目の前にした「究極のひとり身」があるとのこと。「究極のひとり身」とは“孤独”であるという意味ではなく、家族や恋人や友人はいるかもしれないけど、人生でひとり身を貫いて亡くなるときに気づけるものがあるそうで、これは...

  •  -
  •  -

完成するために失敗しないといけない。完成には何が必要かを知るために失敗を経験しに生まれてきている

未熟な魂が神レベルの魂に成長するために、何度も何度も輪廻転生を繰り返しているというのが通説ですが、ターワいわく実はそれは逆で、神レベルで完成している魂がすでに存在していて、その魂が『こんな風に完璧になるには、どうしたらいいだろうか?』と、時間をさかのぼって経験をしているとのこと。たとえば、完璧な魂が100点なら、100点になるために90点を経験しに戻っているような感じだそうで、90点を経験した魂は...

  •  -
  •  -

輪廻転生のやり方って変わってきた。この人生っていわゆる下見で”次の時”に一気に修正できるようになった。だから今世で修正しようとせず、迷わず、今は自由に楽しく生きなさい

死後に3次元の人生での自分の選択に強く後悔して、魂のエネルギーの向上を望んで転生をし、新しい人生で正しい選択をすることで修正するのが輪廻転生ですが、「輪廻転生のやり方って変わってきた。光の地球もできて、この地球も変わってきた」と、ターワが言うには、これまでは輪廻転生で人生を修正をしても、死後に別の後悔が生まれて、また輪廻転生をしてそれを修正するという風に、何度も何度も輪廻転生を繰り返して、そのたび...

  •  -
  •  -

究極の居心地の良いものを作るために、何度も転生をして良い経験も悪い経験もして見分けている

「人生の経験とは、魂の修行のためだと言ってしまえる。だから、良い経験もするし嫌な経験もする」と、PK-PN。昨年の米大統領選挙をきっかけに、政治に興味を持ったノンモさんが「この人間と同じ次元に生まれているなんて!?と思ってしまうほどの悪どい人間が、政治家にこんなに多いとは思いませんでした!」と、憤慨していると、「最終的に自分にとってこれが最高!という究極の居心地の良いものを作るために、何度も転生をして...

  •  -
  •  -