FC2ブログ

ハタブログ

CATEGORY PAGE

category: 光の地球と闇の地球  1/7

2032年~2038年の間は世界の混乱が収束して、一時的にひとつとしてまとまっている

「現在の地球上の話なんですけど、争いや戦争は完全になくなってませんが、2032年~2038年の間は世界の混乱が収束して、一時的にひとつとしてまとまっているというイメージをを見せられました」と、ノンモさん。ノンモさんが見たイメージはスノードームの地球で、水と油に黒い液体が混ざりこんでいるスノードームから、黒い液体だけを取り出すために、スノードームを振ってぐちゃぐちゃになっている極点が現在だそうです。...

  •  -
  •  -

この世から人種差別がなくなり、人類が一つになりバランスをとりはじめると、勝手に人口は減っていく

記事『世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば』では、現在約77億の世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば、神が動植物と地球を救うため、生態系と共存できる5億人を選び、それ以外の約72億人を滅亡させたなら、それをあなたたちは悪と呼ぶのか?と、ターワが問いかけていましたが、意図的にわざわざ人口...

  •  -
  •  -

なんでもひとくくりにして一般化するのは、光の地球においては絶対にタブー

No image

たとえば、アメリカでは黒人や中南米系の犯罪率が高いけれど、彼ら全員が犯罪者ではないし、逆に犯罪率の低い白人全員が良いってわけじゃないのに、犯罪を犯した数名しか知らないのに、全員がそうだと言いきってしまう。今の世の中はなんでも人種とか、政治や宗教とか、出身地とか、年齢や性別などでひとくくりにして一般化してしまう。これからの世界では、個人個人を知って評価すること。その人種や、その宗教を信仰している人や...

  •  -
  •  -

光の地球に進むにあたって、光が強すぎると耐えられない。けれど光を弱めすぎると影ではなく闇が出てくる。これからは本当の神が出てくるまでのおぜん立てと、みなさんの心の準備を整える仕事に

No image

1月6日に起こったアメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件では、3種類の日本人がいることが分かった。1つは他人事だと思っている者。1つはQアノン系のトランプ支持者。1つは真実が見えている者。この事件はアメリカで起こっていることではなくて、世界の経済、過去、未来に関係すること。だから他人事のように思えるかもしれないけど、アメリカの将来だけではなく、世界全体の将来にかかわってくるので、日本人にも関係があるんだよ...

  •  -
  •  -

世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば

No image

前回の記事『ジョージア・ガイドストーン(大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する)』の続きです。現在約77億の世界人口を5億人以下に削減しなければ、生態系も動植物も人類も地球もすべてが滅びてしまうとすれば、神が動植物と地球を救うため、生態系と共存できる5億人を選び、それ以外の約72億人を滅亡させたなら、それをあなたたちは悪と呼ぶのか?それとも人類削減をせずに、人類も含む地球上の生きとし生ける...

  •  -
  •  -